So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

今号のうなLady〈Vol.68〉 [うなLady]


菊池 恵さん(52歳)
化粧品原料メーカー勤務

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-専門店でいただく美味しい鰻が大好きです。鰻はビタミンAやEなどが豊富で、女性にもっと食べてほしいアンチエイジングフードです。色々楽しめるコース料理で私は定期的に食べたくなります。 

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-業界としても土用の丑の日だけを盛り上げるのではなく、色々な角度からのPRをしてほしいです。消費を促進するのはいいと思いますが、鰻も和食文化なので後世に残せるよう配慮した販売促進が必要だと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-広報という立場で制作したものが、お客様から「使い勝手がよくなった」とほめていただいたときや、展示会などの大きなイベントは関係者の方も多く、チームワークが実り、良い結果が出せたときには、やりがいを感じます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-化粧品原料の製造・販売業ですので、お客様が必要とする国内外の市場動向や流行予測などプラスαの情報もご提供できるよう心がけています。

うなLady菊池さん ブログ用.JPG








菊池恵さん全身ブログ用.JPG
nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

「蒲焼店が考える“これから”」79 〜2016年8月10日号掲載〜 [蒲焼店が考える“これから”]


鈴木紀之氏
(魚政/東京都江戸川区)

『お客様の声をよく聞くことで店の改善につなげる』

ウナギ業界のお祭りとなる土用丑の日は全国的にうだるような暑さとなった。

「おかげさまで丑の日は盛り上がりました。当日の売り上げも年々、右肩上がりです。近年は丑の日の営業と外売りも行うようにし、さらに今年は丑を含めた3日間、予約受け付けせず商戦に臨み事がスムーズに運びました。若干の値上げ、単品料理も取り揃え、そして曜日も味方し、様々な要素がすべてうまくはまりました」

依然、高値安定の活鰻相場だが、売り上げを少しでも伸ばしていくための働きかけは?

「お客様に来ていただくことを前提に考えると、私どももウナギをメインにしつつも、ウナギ嫌いのお客様もいらっしゃいますから、お刺身御膳、天ぷら御膳などを用意し、ウナギ嫌いのお客様を逃さないようにしています。またうな重は、別売りが多くなっている肝吸い、お新香もセットにさせていただいています。そのほか、店前はお客様が入りやすいよう、掃除など手入れを怠らないようにするなど、お客様の立場で考え細かな気遣いなど怠らないようにしています。すべてのことはお客様が “答え”を持っていると考えており、常にお客様の声を大切に聞いています」

ところで扱うウナギ原料についての考え、また養鰻業者に対する要望はあるだろうか。

「個人的に、お客さんは“柔らかい”ウナギが好みだと思っていましたが、お客さんの反応などを見ると、ヒネなど身、味がしっかりしたものが評価は高かったですね。ですから、柔らかすぎない程度で味のあるウナギがいいですね。あと、正月明けなど年に何回か、品質のバラツキが目立つ時期があるので改善してほしいです。また一意見として私どもでは最高の品質を求め、季節ごとに産地を変えているように、“食べて美味しく、安全”であれば良いのと思います。お客様にもあまり、産地ばかりに流されずに本質を見ていただきたいですね」

一方、ウナギの資源問題についてはどうだろうか。

「気になるのが市場で見かける、天然のめそ。網を大きくするなど小さいものは極力取らないようにしてほしいと思います。国の規制の強化とともに、メディアが大々的に取り上げ監視の目を強めることなどが必要ではないでしょうか。また今後のワシントン条約のことも考えれば、天然ウナギが扱えなくなっても致し方ないと思います」

また、ウナギ職人不足問題についてはどうだろうか。

「若い子を育てるには魅力ある業界を作ること、そして給料面などお店の受け入れ体制をしっかり整えていくこと。昔、父に言われたことは“しっかりウナギをさばくことが出来れば将来、食いっぱぐれないぞ”と。蒲焼学校などで若い人が増えてほしいですね」

様変わりするウナギ業界、生き残るために何が必要か。

「原点に戻って当然のことを当然に行っていくことがより大事になるのではないでしょうか。人はひとりでは何も出来ないですし、人との関わりをしっかりと深め、かつ柔軟性を持っていくことが今後、重要になってくると思います」

[データ]
「魚政」
〒132-0035 東京都江戸川区平井3-26-11
電話:03-3636-1787

四代目 鈴木紀之氏 ブログ用.JPG

















*「蒲焼店が考える“これから”」は現在、日本養殖新聞で連載中

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.9.15発行しました! [本紙記事/速報]




FullSizeRender 2.jpg












主な内容〈8ページ建て〉
▼新会長の鈴木治氏「消費者重視の姿勢で尽力したい」 第40回全荷連総会開催、6日/愛知県豊橋市「ホテルアソシア豊橋」〜「共に考えるウナギ資源の未来」テーマに会メンバー意見交換〜
▼那珂川大感謝祭開催!10日/栃木県大田原市「栃木県なかがわ水遊園」〜林屋川魚店が鮎の塩焼等販売、多くの家族連れで賑わう〜
▼蒲焼店が考える“これから”109 〜「日本の食文化(鰻)」の気概持つ 鮒忠(東京都台東区)安孫子 由実取締役副社長〜
▼新美貴資の「めぐる。」63 〜石倉かごのモニタリング調査に同行!!岐阜県山県市の美山漁協が実施〜
▼えっせい 鰻に魅せられて その80 〜徳川家康に倣う、文化継承のヒント〜
▼「鰻三種」人気高まる!! 〜7月からメニューに、仙台老舗の大観楼〜
▼美味!!「鯉」メニューのお店41 さいたま市北区 川魚料理「うな登」〜お客様に配慮したお店を目指す〜
▼親睦ゴルフコンペ、2日/大栄カントリー 〜東蒲青年部〜
▼初秋のスーパー!オフから各スーパー定番品の品揃え
▼築地年末商品合同展示会を開催!! 〜おせち料理商材など多数、うなぎの出展も相次ぐ〜
▼今号のうなLady Vol.85
▼子持ち小アユ初入荷!東京・築地市場
▼ドジョウ、徐々に輸入もの主体に 〜需要の回復に期待〜 東京・築地市場
▼「笑顔を呼ぶ鮎」第7号発行!
▼夏商戦好調!!フル稼働の声も 第26回全荷連加工部会開催、6日/愛知県豊橋市「ホテルアソシア豊橋」〜ふるさと納税返礼品にかげり、オーバーサイズで資源問題にも対応〜
▼お知らせ、本紙未掲載画像などインスタグラムで発信中

その他。

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.9.5発行しました! [本紙記事/速報]



FullSizeRender 2.jpg














主な内容〈10ページ建て〉
▼お互いの信頼関係構築!-ワシントン条約問題- 〜平成29年うなぎ供養祭/8月24日・浜松市「乙女園公園」〜 オールジャパンで対応、引き続き食文化継承を(外山組合長談)
▼平成30年度 水産予算概算要求 〜鰻対策関連事業、昨年度より900万円増の4.66億円〜
▼全国の鰻蒲焼支出額、2ヶ月連続のプラス 〜家計調査7月分(速報)〜
▼安川屋代表取締役・小林康信氏死去
▼不安定な天候も11ヶ月連続増加 〜7月の外食産業〜
▼日本水産油脂協会主催「水産油脂資源講演会」〜マイワシをテーマに専門家3名が講演〜
▼「ヨーロッパウナギ、違法取引に関心度高く 〜CITES動物委員会にて〜」/ウナギ資源に何を思う ワシントン条約回避と未来へつなげる食文化5
▼前年同月比74%の179トン/8月分の台湾活鰻輸出、台湾区鰻蝦輸出業同業公会
▼駅のうなぎ屋、創業30年の「やまよし」 社長の山田忠義氏は元養鰻業者 〜名物メニューは「うなぎうどん」〜 取材先で見つけた話題のうなぎ料理専門店、静岡県湖西市「やまよし」
▼「鰻屋で落語」開催のお知らせ 主催/埼玉県ふじみ野市「一味亭」、28日
▼第19回「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」〜3万4,000人が来場!年々増える828社出展〜
▼積極的な「鯉食キャンペーン」にも期待、地道にやりながら福島の鯉を知ってもらう 〜福島県郡山市・熊田水産の熊田社長に聞く〜 「鯉の活力」の定着目指し、第3弾も検討中 〜郡山市鯉係・若穂囲豊係長〜
▼うなLady Vol.84
▼成田うなぎ祭り総括〈成田市観光協会〉〜今年も盛大に開催!7月14日〜8月27日/千葉県成田市・成田山表参道周辺〜
▼真鯉ひろしの「長いものには巻かれよ」その150 〜ふいに勃発、コンビニ「焼鳥戦争」〜
▼ウナギの放流会を開催 〜津うなぎ専門店組合が親子を招いて実施〜
▼平成29年度浜名湖発親うなぎ放流事業 〜浜名湖発「ニホンウナギ資源回復プロジェクト」CF(クラウドファンディング)活動がスタート〜
▼子持ちアユ、メーカー徐々に揃い始める/東京・築地市場 〜料理屋からの需要増に期待、間もなく本格商戦へ〜
▼字奈とと「うなめしギガ増し」期間限定販売
▼7月分の輸入通関と魚粉・魚油情報
▼第41回鰻供養を開催、豊橋鰻販売組合/先月24日、愛知県豊橋市・楽法寺 〜「ニホンウナギ資源保護管理に引き続き尽力」(真木組合長)〜
▼新サンマ、シーズン本格化へ/東京・築地市場 〜北海道、三陸中心の入荷〜
▼読書の秋に触れたいうなぎ関連書籍 〜エッセイ・図鑑・グルメ、お好きな一冊を!〜

その他。


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.8.25発行しました! [本紙記事/速報]




IMG_3854.JPG












主な内容〈18ページ建て〉
▼日台シラスウナギ自由化で働きかけへ 〜日本鰻輸入組合<夏の総括会議・情報交換界>〜
▼危険察知能力は誰にでもある 〜大高未貴のなんくるないさあ〜 その51〜
▼第19回・ジャパンナショナルシーフードショー開催
▼ウナギ全体の消費増、加工品や外食に吸収? 〜東淡理事長・大河内渉氏に聞く!!〜
▼ウナギ6ヶ月連続増 〜7月分の養魚用配合飼料生産〜
▼鰻蒲焼専門の丑商戦に変化? 〜えっせい 鰻に魅せられて その79〜
▼268万2000人で過去最高 〜7月の訪日外客数/日本政府観光調べ〜
▼蒲焼店が考えるこれから108 〜柳川の掘割にウナギ稚魚が復活〜「古蓮」(福岡県柳川市)代表取締役 川口治彦氏
▼4ヶ月連続の昨対増 〜7月分の東京地区活鰻流通量/東淡〜
▼じゃちこすくいで伝統文化を発信/岐阜県関市洞戸の板取川を訪ねる 〜新美貴資の「めぐる。」62〜
▼うなぎにまつわるエピソード28
▼新刊紹介「うなぎ女子」加藤元著/光文社発行
▼もう一工夫あればもっと広まる 福島県郡山市ホテルハマツ「松林」〜美味!!「鯉メニューのお店」40〜
▼絶滅危惧種ニホンウナギとどう向き合うか 〜蒲焼店・商社・調理士会座談会〜
▼ラオスの首都・ビエンチャンでもタウナギをいただく 〜髙崎竜太朗のウナギストワールドツアー23〜
▼うなLady Vol.83
▼築地市場に子持ちアユ初入荷 〜初荷は長野県・臼田養魚場〜 
▼天候不順の影響受け、マイナス相次ぐ 〜チェーンストア・スーパー・百貨店・コンビニの7月分販売概況〜
▼スーパー・外食のウナギ加工品の種類は? 〜北里大学・吉永龍起准教授がDNA解析〜
▼魅力ある鰻蒲焼専門店とは?〜全国各地の蒲焼専門店アンケート〜
▼カロリーベースで過去2番目の低水準 〜平成28年度食料自給率公表〜丑の日!!今年も賑わう


その他。
nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.8.10発行しました! [本紙記事/速報]



FullSizeRender 2.jpg














主な内容〈28ページ建て〉
▼ウナギ資源と産業を守る 〜丑商戦を終えて考える〜
▼極洋、ニッスイ 2017年新商品発表会
▼シラスウナギ 県内組合員外へも供給可能に 〜静岡県養鰻管理協議会が要望書提出〜
▼丑の日!!今年も賑わう
▼第16回全国川づくり標語コンクール表彰式 〜児童6名が水産庁長官賞など受賞〜
▼前年同月比68%の323トン 7月分の台湾活鰻輸出/台湾区鰻蝦輸出業同業公会
▼蒲焼店が考えるこれから107 〜時代に合わせたニーズをお客様から拾い続け、満足を生む〜「やなのうなぎ観光荘 松本店」(長野県岡谷市)店長 両角和仁氏
▼丑商戦と今後のウナギ貿易の展望 〜活鰻・加工品販売ともに厳しい夏商戦に〜「商社座談会」4日/東京・上野、伊豆栄本店
▼2017土用丑の日!〜当日の日本全国、台湾ののうなぎ専門店のワンシーン、一挙掲載〜
▼髙﨑竜太朗のウナギストワールドツアー22 〜ラオス首都・ビエンチャンでタウナギを食べる〜
▼熊本地震から約1年3ヶ月ー創業明治23年の老舗「とくなが」中の瀬本店再開 〜先月15日、熊本県上益城郡〜
▼うなLady Vol.82
▼岐阜県内の各地で様々な催し 〜世界農業遺産清流長良川の鮎「鮎の日」イベント開催〜
▼大高未貴の百鰻件聞録191 〜究極の鰻重に出会えた!!「う奈ぎ道場」/千葉県松戸市〜
▼鯉食キャンペーン第2弾開催中!対象を28店舗に拡大・8月2日〜9月2日/福島県郡山市 〜お盆の帰省客を狙い“鯉の活力”の定着を〜
▼鰻用5ヶ月連続増、全体は2ヶ月ぶり減 〜6月分の養魚用配合飼料生産、協会が修正再掲載〜
▼真鯉ひろしの「長いものには巻かれよ」その149 〜気になる球場グルメに迫る!「鷹の祭典in東京」/東京ドーム〜
▼6月分の輸入通関統計
▼ウナギに詳しい研究者やライターによるウナギの美味しい講演会を開催、企画展示「ウナギ:ひつまぶしの未来を考える」を併催 〜愛知県名古屋市県図書館〜
▼前年対比112.9%の1万2,371トン水揚げ 〜今シーズンの宮城県銀ザケ概況〜
▼山田水産が「うなぎの駅」鹿児島県志布志市に先月15日、レストランをオープン 〜自社養殖・加工のオーガニックうな重、蒲焼など提供「“うなぎの駅”が全国に広がれば」(山田信太郎専務)〜
▼「石倉カゴでニホンウナギを守れ!!」〜自然保護と生息場所の質的・量的改善待った無し〜(九州大学大学院・望岡典隆准教授談)
▼丑の日チラシ 東京・大阪・名古屋編
▼コンビニ鰻弁当、高値感拭えず!〜販売面の工夫を…〜

その他。
nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.67〉 [うなLady]


河村 千文さん(43歳)
「かわむら呉服店」(静岡県富士宮市)   

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-河村家はよく誕生会や忘年会、新年会などのイベントの際、一族が集合しますが、そんな時、ウナギ料理も候補のひとつになります。家族の誕生日やイベントが近づくと、「今回はウナギがいいなぁ~」とウナギが食べたくなります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-日本の食卓に日本産のウナギが姿を消してしまわないように、養殖技術の発展や改善策が見つかると良いなぁと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-お客様にお勧めした商品をお客様が気に入って下さり、「あれ、とても良かったよ」と喜んでいただいたとき、やりがいを感じます。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客様の立場になり、お客様にとって何が一番最善かを考えて接客させていただいております。また、お客様との日々の会話も大切にしております。

河村千文さん ブログ用.JPG












河村千文さんブログ用全身.JPG
nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.66〉 [うなLady]


平田 真智子さん(45歳)
会津東山温泉「向瀧」女将 

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-特別な日!とっておきの日!思い出に残したい日!自分へのご褒美の日!

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-素晴らしいことだと思います。鰻の栄養価も抜群、鰻の味も最高、鰻の職人さんも技術の高く大変な仕事。それらを考えると、日本の食文化の一つとして後世に残し伝えて行くべきことであり、そのためには、ニホンウナギ自体をしっかりと残していかなければなりませんものね。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-お客様との出逢いは、私の人生において最高の瞬間。お客様とお話しするだけで幸せな気持ちになれる毎日。お客様の笑顔やお客様の「ありがとう」という言葉は「魔法」のようです。自分がどんなに落ち込んでいても苦しくても悲しくても、明るく元気になれて、幸せな気持ちなれるのです。お客様とお目にかかれることが毎日幸せです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客様の思い出は、どんな風かな、どんな思い出になるかな、と、お客様の思い出がより素敵になるように、私達が出来ることは何か、、、。お客様の心に寄り添うように日々努力しています。

うなLady平田真智子さんブログ用.JPG











平田真智子さんブログ用全身.JPG

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

「蒲焼店が考える“これから”」77 〜2016年7月15日号掲載〜 [蒲焼店が考える“これから”]


篠崎賢治代表取締役
(志乃ざき/東京都八王子市)

『今後はより一層、量より質を高めることが重要に』

7月も早いもので中盤に差し掛かった。土用丑の日まで残すところ2週間余りとなるなか、テレビ、雑誌などメディアでもウナギを取りあげるシーンがさすがに増えており、丑ムードも高まってきている。そうした中、貴店での売れ行きはどうだろうか。

「客数自体は減少しておりますが、客単価は去年よりやや高くなっております」

対して、昨年同時期の水準を上回り、高値に張り付いたままの活鰻原料価格。近年、シラスウナギ不漁を背景に多くの蒲焼き専門店がメニュー価格の値上げを余儀なくされている。しかも近年の“高値安定”により、最近でも値上げする動きが蒲焼き専門店間で見受けられる。また、そうした状況下、ウナギ離れに対してお店としての対応、あるいは努力されていることは何だろうか。

「今年も値上げをさせていただいた一方で、出前するエリアをかなり広げました。新しいマンションにチラシを入れたり、Facebookでは広告を出させていただきました」

ところで、日々扱っているメイン商材であるウナギ。国産はじめ、台湾、中国産が国内で流通する昨今、貴店で考える“良質な”ウナギとはどのようなものを言うのだろうか。

「色つやがよく、身がふっくらとしたウナギが良いですね。なかでも、国産ウナギはお客様のニーズがありますので、選んでこだわっております」

ニホンウナギのワシントン条約付属書掲載は回避されたわけだが、周知のようにニホンウナギの資源状態は基本的に改善している訳ではない。3年後にもワシントン条約締約国会議が行なわれる予定だけに引き続いて予断を許さない状況にある。貴店では、そうした資源問題についての意見、あるいはどのような話を聞いているだろうか。

「漁を行なっている方と以前、お話をさせていただきましたが、保護する目的から自粛をしているようです。しかしながら、中国や韓国ではどんどん漁をしているとの話でした。果たしてこれでよいのでしょうか?」

一方、先行き不透明なウナギ資源問題と同じように、改善策が依然として見えないのがウナギ職人不足問題。貴店はどのような考えを持っているか。

「『ウナギ職人』さんというキーワードをもっと、SNSやFBで使用するのも良いかと思います。若い方がそうしたツールを通じて、少しでも興味を抱いてくれるかもしれません。あとは、アジアの若者を育成していくこともありかと思います」

ウナギ資源問題、高値に張り付く仕入れ価格の問題、職人不足問題など、業界が抱える問題が多いなかで、今後を乗り切っていくには、まっさきにどのようなことをしていくべきだろうか。

「多少、ウナギの値段が高くてもゆっくり落ち着いて食べられるのであるのなら、それに満足してくださるお客様は必ずいらっしゃると思います。今後はより一層、量よりも質を高めていくことが重要になっていくのではないでしょうか」

[データ]
「志乃ざき」
〒192-0066 東京都八王子市本町2-1
TEL:042-624-3131

代表取締役 篠崎賢治ブログ用.JPG

















*「蒲焼店が考える“これから”」は現在、日本養殖新聞で連載中

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

『シラスウナギ、県内組合員外へも供給可能に』 〜7日/静岡県養鰻管理協議会が要望書提出〜 [本紙記事/速報]



静岡県養鰻管理協議会(外山(そとやま)昭廣会長)は7日、県下の浜名湖養魚漁協と静岡うなぎ漁協間のシラスウナギ取引における手続きの簡素化、県内組合員外への卸を許可する旨の要望書を静岡県に提出した。
 
近年、ニホンウナギ資源保護・管理が叫ばれるなか、組合員外の養鰻業者は県内採捕のシラスウナギを買い取れず、県外、あるいは国外から仕入れを行っている。しかしながら、その一部にはメディアが再三、指摘している不透明な流通により、得たシラスウナギの存在がある。今回、県内における組合員外へのシラスウナギの卸が許可される事により、そうした荷物の流通を阻止する事に繋っていく。

外山昭廣会長は「すでに浜名湖養鰻漁協、静岡うなぎ漁協の両組合間のシラスウナギ取引は昨年から、許可が下りている。しかしながら、その手続きが煩雑なために今回、その簡素化をお願いする事と、県内において組合員外へのシラスウナギ流通も可能となるよう、今月7日に県に要望書を提出した」と話している。
 
2年後の2019年にはワシントン条約締約国会議が行われる。周知のように、近年はウナギ資源保護管理の足かせとされている、不透明な流通で得られたシラスウナギの混じりも回避出来るのもひとつのねらいと言える。
nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.7.25発行しました! [本紙記事/速報]




FullSizeRender.jpg












主な内容〈8ページ建て〉
▼東アジア鰻学会 公開シンポジウム「うな丼の未来Ⅴ 行政はウナギを救えるか」22日/東京都文京区・東京大学弥生講堂一条ホール 〜人工種苗養殖、難関は仔魚用飼料(水産研究・教育機構/田中秀樹氏)〜
▼ウナギ資源に何を思う ワシントン条約回避と未来へつなげる食文化 〜ウナギ資源保護の考え様々、日本のイメージ落とす報道も〜
▼愛知県産うなぎをPR、今年も中日ドラゴンズと大村県知事に贈呈!!/愛知県養鰻漁業者協会
▼3ヶ月連続の昨対増 6月分の東京地区活鰻流通量/東京淡水魚卸協同組合
▼大高未貴のなんくるないさぁ〜 その50「紅龍さんの大愛瞑想」
▼鰻用5ヶ月連続増も、全体は2ヶ月ぶり減 〜6月分の養魚用配合飼料生産〜
▼ニホンウナギを絶滅危惧種に指定 〜台湾・行政院農業委員会林務局〜
▼次世代へ、個人ベースではなく業界として募金活動を 〜蒲焼店が考えるこれから106〜「うなぎ しら河」(名古屋市)代表取締役 森田大延氏
▼横浜スパークリングトワイライト開催、老舗蒲焼専門店「八十八」出展!15・16日/横浜・山下公園 〜この猛暑のなかでお弁当300個完売!(荒井テイコ社長)〜
▼東京・築地の「江戸前うなぎ 博多川扇」が福岡・薬院に移転オープン
▼うなぎ新川3号店オープン!! 〜近い将来は和食全般を扱う店に!〜
▼柳川うなぎ料理組合主催 第51回柳川うなぎ供養祭開催、13日/福岡県柳川市 〜柳川市内の掘割に成長したウナギの姿「環境改善に期待」(川口組合長)〜
▼美味!!「鯉」メニューのお店39 埼玉県川口市 うなぎ割烹「湊家」〜鯉そのものの消費力が戻らない!〜
▼うなLady Vol.81
▼成田市観光協会主催、うなぎ供養放生会
▼不安定な天候で明暗分かれる 〜チェーンストア・スーパー・百貨店・コンビニの6月分販売概況〜
▼6月の訪日外客数、234万7,000人で過去最高!/日本政府観光局調べ
▼最終的に1万3,000t超えるか?/銀ザケ市況
▼魅力満載!観光客も定着 平成29年「成田うなぎ祭り」7月14〜8月27日/千葉県成田市、成田山表参道周辺 〜参加店一体で街を盛り上げる〜

その他。

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

明日25日は、夏の土用丑の日です [番外編・編集後記]

明日25日は、夏の土用丑の日です(※二の丑の日は8月6日(日)です)。

土用丑にウナギのPRは無論、一方で”ウナギ資源の現状”"ウナギ資源は無限ではない"ことを一般消費者の皆様方にも理解していただく機会となればと思います。

なお、ビタミン群を豊富に含む(ビタミンCは少ない)他、コラーゲンを多く含むウナギは美肌作りにも効果が期待されます。ちなみにコラーゲンの吸収を高めるにはビタミンCたっぷりのデザートが必須です。

うなぎを食べた後にビタミンCをたっぷり含むデザートを召し上がれば、その日のビタミン、美肌作りも完璧ですね。今後も2019年にワシントン条約締約国会議を控え、オールジャパンでいかに資源をはじめ、これほどの文化を守っていくか、より積極的に考えていければと良いなと思います。


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

うなぎにまつわるエピソード募集 [番外編・編集後記]

↓クリックすると、拡大します。

まつわる募集オレンジ.jpg
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『産地問わず、心込めたうな重を』<日本養殖新聞7月15日号> [本紙記事/速報]

<7/15号>

土用丑の日がいよいよ、10日後に迫った。梅雨明けはまだだが、うだるような暑さの日も見受けられ、うなぎ日和も多くなった。巷でも“うなぎ”の文字を多く見かけるようになるなど、丑商戦モードも一段と高まってきた。幟、ポスターでうなぎ弁当をアピールするコンビニ各社、吉野家、すき家をはじめとする外食でもうなぎメニューの導入、専門店もSNSでアピールするなど体制を整える。またTVCMでもうなぎの露出が増えており、うなぎ業界を後押しする。

ところで先月末、“産地偽装”ニュースが業界内外を駆け巡った。中国産を国産として偽って提供していたとされる事件で、いつも思い出すのは、同じニホンウナギ(アンギラ・ジャポニカ種)にもかかわらず、消費者の先入観が邪魔しているのか、『“中国産”と店頭に表記すると売れが落ちる』といった話を聞いたことがある。流通する約7000トンもの(2016年データ)台湾産、中国産活鰻はほぼ専門店向けと思われる。

消費者の国産志向の高さは周知のとおりだが、どこ産だろうが時期によって品質の良し悪しがある。今回の一件で仕入れるウナギを見つめ直す動きもあるようだが、いずれにせよ丑に向け正直に、こころのこもった美味しいうな重を消費者に提供することが大切だ。『信頼している貴方のお店だから、産地なんて気にしてない』そんなお客さんが一人でも多く増えるよう、産地事情を含めたウナギの地道なアピールが求められる。
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.7.15発行しました!





FullSizeRender.jpg











主な内容〈8ページ建て〉
▼鰻関連CM相次ぐ 〜スーパー、ビールメーカー、外食等こぞってCMで鰻アピール〜
▼うなぎ応援ソング『うなぎがおしえてくれたこと』が25日、ネット先行配信へ 〜フィッシングナビゲーターの永浜いりあさんが発案〜
▼ニチレイフーズ秋季新商品発表会 4日/東京・築地、本社ビル 〜新商品・リニューアル商品含め41品目ラインナップ!! 「焼おにぎり」と「お弁当」を強化〜
▼えっせい 鰻に魅せられて その78「うなぎの季節だから、考えたいこと」
▼うなぎが食べ放題「鰻フェア」開催中、東京・上野「大地の贈り物」
▼うなぎオンリー漫画『う』特別読み切り掲載 =週間モーニング=
▼「う(U)な(N)ぎ(G)フェア」開催中、5日〜25日/大丸東京店
▼クラウドファンディング実施、津の文化「鰻」を子供たちに伝える 〜津うなぎ専門店組合〜
▼うなぎにまつわるエピソード25「大好きな三島市の鰻丼」
▼新美貴資の「めぐる。」61 〜可能性を探り最上を目指す 炭火焼うなぎ「魚寅」店主・村井俊之さん〜
▼2017各ファミレスのうなぎ蒲焼、多様化するメニュー!
▼美味!!「鯉」メニューのお店38 埼玉県川口市「いせ庄」
▼平成29年 成田うなぎ祭り始まる 〜観光客への感謝!!成田市観光協会主催〜
▼先代からの養殖技術を継承(小堀全鱒協会長)第42回全国養鱒技術協議会大会、7日/東京・港区「東京海洋大学」〜専門家講演と情報提供も〜
▼好値維持してシーズン終了へ!? 〜銀ザケ市況〜
▼鮒忠が第7回うなぎ祭り、8日/東京・足立区の同社東京セントラルキッチン 〜鰻のつかみ獲りを体験!!その場で裂いて蒲焼に 多くの家族連れで賑わう〜
▼うなLady Vol.80

その他。
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.65〉 [うなLady]


山田 麻衣さん(32歳)
三越日本橋本店 営業運営担当

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか? 
-土用の丑の日や特別な日、元気をつけたいときに、家族や友人、会社の同僚など大切な人と食べたいです。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-日本の食文化であるウナギが食べられなくなることは想像できませんので、さまざまな問題をクリアして、何とか今後も続いていってくれることを願います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-店内をご案内したあとに、お客さまから「いい商品を買えた。ありがとう」とお礼をいわれたときにやりがいを感じます。それによってお客さまとの距離が近づきますし、お客さまに名前を覚えていただき呼んでもらえた際はとても嬉しいです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客さまが話しかけやすい雰囲気をつくるため、話をしていないときでも常に笑顔を絶やさないよう心がけています。

うなレディ山田麻衣ブログ用② のコピー.jpg

うなレディ山田麻衣ブログ用① のコピー.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「蒲焼店が考える“これから”」76 〜2016年7月5日号掲載〜 [蒲焼店が考える“これから”]


安永清美代表取締役社長
(うなぎ処 柳川屋/福岡県粕屋町)

『素材を大切に、心を込めた接客を行う専門店』

7月に突入し、いよいようなぎのシーズンが到来した。毎年恒例のように、大手コンビニ各社では土用丑向けうなぎ弁当の予約受付を始めた他、大手ファミレスでは相次いでうなぎメニューを導入、またふるさと納税の返礼品のひとつとしてうなぎ蒲焼も人気だ。猛暑期待の土用丑まで残り1ヶ月を切る中、貴店の売れ行きはどうだろうか。

「前年実績より、微増の傾向にて推移しています。人間の食のパターンは簡単に変化しない事を改めて感じています」

一方、一昔前の頃に比べて高嶺の花と言っても過言ではないうなぎ。シラス不漁を背景に一時期、多くの蒲焼き専門店がメニュー価格を値上げしたが、最近でも値上げする動きも散見されている。ウナギ離れは避けられない状況下にあるが、お店としてそうならないように気にかけている事、あるいは努力されていることは何だろうか。

「今まで以上に高級魚となった鰻。すべての面においてベストの状態で提供することに更に意識を高めることに徹底し、味の評価を追求しています。また、インバウンドに対しては自然体で望みます」

ところで、毎日扱う大切な商材であるうなぎ。なかでも“良質な”うなぎとは貴店にとってどのようなものを指すのだろうか。

「弊店では年間30トン程度の鰻を仕入れています。サイズは3.5尾〜4.0尾が中心です。良い鰻というのは、肉厚感があり、食味としては口に入れて美味しさが持続する、そして深い旨味を感じる、そんな鰻を良い鰻だと思います。ちなみに弊店では長年、国産鰻をお客様にご案内していますし、これからもそうありたいと思っています」

周知のように、業界がこれまで注目していたニホンウナギのワシントン条約付属書掲載はなんとか回避された。しかしながら、ニホンウナギの資源状態は決して改善している訳ではなく、続いて業界挙げたウナギ資源保護・管理が大切だ。貴店では、資源問題については、どのような意見を持っているのだろうか。

「ニホンウナギ完全養殖も必要であると思いますが、それ以上にウナギ資源保護管理に対しての地道な活動を今後後押し出来るよう、運動をしていきたいと思います」

一方、ウナギ資源問題と同様、改善策が未だ見えないウナギ職人不足問題について、貴店はどのような考えを持っているか。

「弊店では幸い、現状では職人不足とはなっていません。若い社員には、鰻料理の新メニューについて常に意識を高めるような取組を行なっています。定番料理以外の、未知の鰻料理・・・、考えるとワクワクします」

ウナギ業界が抱える問題が多く昨今、今後をどう乗り切っていくべきか。

「日本の食文化の中でも、とくに伝統的な料理であるうなぎ料理。他の料理のように低価格化や機械化による大量販売ではなく、素材を大切にしながら、心を込めた接客を行ない、“このお店に来て良かった”とおっしゃっていただけるような専門店を目指すべきではないでしょうか?」

[データ]
「うなぎ処 柳川屋」
〒811-2302 福岡県糟屋郡粕屋町大隈38-4
TEL:092-938-7800

代表取締役社長 安永清美 のコピー.JPG

















*「蒲焼店が考える“これから”」は現在、日本養殖新聞で連載中
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.7.5発行しました! [本紙記事/速報]




FullSizeRender.jpg











主な内容〈10ページ建て〉
▼活鰻戦線異状あり!!国内外産貿易、流通に変化生じる 〜懸念された国内の新仔がまとまるのは10日頃から、いよいよか!?〜
▼全蒲連が「石倉」設置支援金のお願い(9月末日迄)
▼前年同月比72%の208㌧ 〜6月分の台湾活鰻対日輸出〜
▼マルハニチロ2017年度 秋季新商品発表会 「充実感」への新提案をテーマに56品目が登場!
▼蔡秋棠董事長が再選 〜台湾区鰻魚発展基金会役員人事〜
▼「台湾フェスティバルTOKYO2017」開催、6月22〜25日/上野恩賜公園
▼全国の鰻蒲焼支出額、2ヶ月ぶりマイナスに 〜家計調査5月分(速報)〜
▼蒲焼店が考える“これから”105 「意欲のある、型にとらわれない老舗の勇気は必須」〜「うなぎ串焼き くりから 東長崎店」(東京都豊島区)店長 佐藤大和氏(30)〜
▼「笑顔を呼ぶ鮎」第6号発行!〜全国鮎養殖漁業組合連合会〜
▼真鯉ひろしの「長いものには巻かれよ」その148 〜大手牛丼チェーン「すき家」今シーズンも鰻メニューに挑戦〜
▼美味!!「鯉」メニューのお店37 一子相伝で伝統の味継承 〜東京都文京区 うなぎ割烹「ゆしま 小福」〜
▼各スーパー「丑」へ準備着々!! 各店とも特売価格で丑への集客続く!! 〜都内のスーパー20数件巡る〜
▼鹿児島産鰻丼980円! 〜『鰻善』六本木に開店 “安い”“うまい”“早い”“安全”〜
▼“鰻”の魅力伝える!!「江戸の文化と料理」サロン 〜キッコーマン主催、先月24日/キッコーマン東京本社〜
▼公開シンポジウム「うな丼の未来Ⅴ」開催、7月22日/東大弥生講堂
▼うなLady Vol.79
▼配合飼料メーカー人事
▼5月分の輸入通関と魚粉・魚油情報
▼ドジョウ・アユ商戦ピーク 〜東京・築地市場〜 唐揚げ・柳川鍋など用途広まる、アユも売れコンスタントに
▼長良川の若手漁師がクラウドファンディング 〜岐阜県各務原市で川文化の交流拠点を7月オープン〜
▼水揚げピーク、好相場維持 〜宮城県銀ザケ市況〜
▼深刻!!四半世紀で漁獲量70%減 〜全国内水面漁連 第65回通常総会開催、先月28日/東京・港区「三会堂ビル」〜 水産資源維持を危ぶむ 「河川環境」の回復が喫緊の課題
▼すき家「うな牛CM」先月23日からOA開始

その他。
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.6.25発行しました! [本紙記事/速報]



FullSizeRender.jpg



















主な内容〈8ページ建て〉
▼在庫なく二次加工が中心 第25回 全荷連加工部会開催、22日/福岡市「セントラルホテルフクオカ」〜新仔の池上げ少なく、加工手当てに不安、影響 シラス対策小委員会も話題に〜
▼ひつまぶしを学校給食に、一色うなぎ漁協が「愛知を食べる学校給食の日」実施
▼鰻用4ヶ月連続、全体も2ヶ月ぶりに増産/5月分の養魚用配合飼料生産
▼「ワシントン条約附属書Ⅱに掲載されたヨーロッパウナギ」〜ウナギ資源に何を思う ワシントン条約回避と未来へつなげる食文化3〜
▼塩シャワーのススメ 〜大高未貴のなんくるないさぁ〜その49〜
▼金賞は1万円相当の鰻蒲焼!!兼光水産「うな文字フォトコン」開催、来月17日まで/インスタグラム上にて
▼2ヶ月連続の昨対増 〜5月分の東京地区活鰻流通量、東淡〜
▼蒲焼店が考える“これから” 〜河川でウナギが住みやすくなる、石倉設置が進むことを希望「東京 竹葉亭」(大阪市)取締役 津田 兼太郎氏〜
▼美味!!「鯉」メニューのお店36 埼玉県蓮田市「魚庄」〜長年続く味をこれからも継承〜
▼2017年各デパートのお中元、鰻・鮎商品群
▼丑の日!各コンビニ予約販売始める 〜大半のコンビニが値上げへ!!〜
▼髙崎竜太朗のウナギストワールドツアー21
▼うなLady Vol.78
▼各地で新仔初揚げへ、浜名湖・宮崎エリアも
▼新組合長に小堀彰彦氏/愛知県淡水養殖漁協総会
▼女川、石巻大量水揚げ!550円〜600円好値続く 〜銀ザケ市況〜
▼国内外“好漁”から大幅値下がり、2017年度の国内シラスウナギ池入れ実績 〜鹿児島県不動のトップ、夏場から国内外もので供給拡大へ〜
▼5月の訪日外客数、過去最高の229万5,000人/日本政府観光局調べ
▼「ソフトふりかけ うなぎ」新発売/丸美屋食品工業、7月13日

その他。



nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の20件 | -