So-net無料ブログ作成
検索選択

最新号17.7.25発行しました! [本紙記事/速報]




FullSizeRender.jpg












主な内容〈8ページ建て〉
▼東アジア鰻学会 公開シンポジウム「うな丼の未来Ⅴ 行政はウナギを救えるか」22日/東京都文京区・東京大学弥生講堂一条ホール 〜人工種苗養殖、難関は仔魚用飼料(水産研究・教育機構/田中秀樹氏)〜
▼ウナギ資源に何を思う ワシントン条約回避と未来へつなげる食文化 〜ウナギ資源保護の考え様々、日本のイメージ落とす報道も〜
▼愛知県産うなぎをPR、今年も中日ドラゴンズと大村県知事に贈呈!!/愛知県養鰻漁業者協会
▼3ヶ月連続の昨対増 6月分の東京地区活鰻流通量/東京淡水魚卸協同組合
▼大高未貴のなんくるないさぁ〜 その50「紅龍さんの大愛瞑想」
▼鰻用5ヶ月連続増も、全体は2ヶ月ぶり減 〜6月分の養魚用配合飼料生産〜
▼ニホンウナギを絶滅危惧種に指定 〜台湾・行政院農業委員会林務局〜
▼次世代へ、個人ベースではなく業界として募金活動を 〜蒲焼店が考えるこれから106〜「うなぎ しら河」(名古屋市)代表取締役 森田大延氏
▼横浜スパークリングトワイライト開催、老舗蒲焼専門店「八十八」出展!15・16日/横浜・山下公園 〜この猛暑のなかでお弁当300個完売!(荒井テイコ社長)〜
▼東京・築地の「江戸前うなぎ 博多川扇」が福岡・薬院に移転オープン
▼うなぎ新川3号店オープン!! 〜近い将来は和食全般を扱う店に!〜
▼柳川うなぎ料理組合主催 第51回柳川うなぎ供養祭開催、13日/福岡県柳川市 〜柳川市内の掘割に成長したウナギの姿「環境改善に期待」(川口組合長)〜
▼美味!!「鯉」メニューのお店39 埼玉県川口市 うなぎ割烹「湊家」〜鯉そのものの消費力が戻らない!〜
▼うなLady Vol.81
▼成田市観光協会主催、うなぎ供養放生会
▼不安定な天候で明暗分かれる 〜チェーンストア・スーパー・百貨店・コンビニの6月分販売概況〜
▼6月の訪日外客数、234万7,000人で過去最高!/日本政府観光局調べ
▼最終的に1万3,000t超えるか?/銀ザケ市況
▼魅力満載!観光客も定着 平成29年「成田うなぎ祭り」7月14〜8月27日/千葉県成田市、成田山表参道周辺 〜参加店一体で街を盛り上げる〜

その他。

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

明日25日は、夏の土用丑の日です [番外編・編集後記]

明日25日は、夏の土用丑の日です(※二の丑の日は8月6日(日)です)。

土用丑にウナギのPRは無論、一方で”ウナギ資源の現状”"ウナギ資源は無限ではない"ことを一般消費者の皆様方にも理解していただく機会となればと思います。

なお、ビタミン群を豊富に含む(ビタミンCは少ない)他、コラーゲンを多く含むウナギは美肌作りにも効果が期待されます。ちなみにコラーゲンの吸収を高めるにはビタミンCたっぷりのデザートが必須です。

うなぎを食べた後にビタミンCをたっぷり含むデザートを召し上がれば、その日のビタミン、美肌作りも完璧ですね。今後も2019年にワシントン条約締約国会議を控え、オールジャパンでいかに資源をはじめ、これほどの文化を守っていくか、より積極的に考えていければと良いなと思います。


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

うなぎにまつわるエピソード募集 [番外編・編集後記]

↓クリックすると、拡大します。

まつわる募集オレンジ.jpg
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『産地問わず、心込めたうな重を』<日本養殖新聞7月15日号> [本紙記事/速報]

<7/15号>

土用丑の日がいよいよ、10日後に迫った。梅雨明けはまだだが、うだるような暑さの日も見受けられ、うなぎ日和も多くなった。巷でも“うなぎ”の文字を多く見かけるようになるなど、丑商戦モードも一段と高まってきた。幟、ポスターでうなぎ弁当をアピールするコンビニ各社、吉野家、すき家をはじめとする外食でもうなぎメニューの導入、専門店もSNSでアピールするなど体制を整える。またTVCMでもうなぎの露出が増えており、うなぎ業界を後押しする。

ところで先月末、“産地偽装”ニュースが業界内外を駆け巡った。中国産を国産として偽って提供していたとされる事件で、いつも思い出すのは、同じニホンウナギ(アンギラ・ジャポニカ種)にもかかわらず、消費者の先入観が邪魔しているのか、『“中国産”と店頭に表記すると売れが落ちる』といった話を聞いたことがある。流通する約7000トンもの(2016年データ)台湾産、中国産活鰻はほぼ専門店向けと思われる。

消費者の国産志向の高さは周知のとおりだが、どこ産だろうが時期によって品質の良し悪しがある。今回の一件で仕入れるウナギを見つめ直す動きもあるようだが、いずれにせよ丑に向け正直に、こころのこもった美味しいうな重を消費者に提供することが大切だ。『信頼している貴方のお店だから、産地なんて気にしてない』そんなお客さんが一人でも多く増えるよう、産地事情を含めたウナギの地道なアピールが求められる。
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.7.15発行しました!





FullSizeRender.jpg











主な内容〈8ページ建て〉
▼鰻関連CM相次ぐ 〜スーパー、ビールメーカー、外食等こぞってCMで鰻アピール〜
▼うなぎ応援ソング『うなぎがおしえてくれたこと』が25日、ネット先行配信へ 〜フィッシングナビゲーターの永浜いりあさんが発案〜
▼ニチレイフーズ秋季新商品発表会 4日/東京・築地、本社ビル 〜新商品・リニューアル商品含め41品目ラインナップ!! 「焼おにぎり」と「お弁当」を強化〜
▼えっせい 鰻に魅せられて その78「うなぎの季節だから、考えたいこと」
▼うなぎが食べ放題「鰻フェア」開催中、東京・上野「大地の贈り物」
▼うなぎオンリー漫画『う』特別読み切り掲載 =週間モーニング=
▼「う(U)な(N)ぎ(G)フェア」開催中、5日〜25日/大丸東京店
▼クラウドファンディング実施、津の文化「鰻」を子供たちに伝える 〜津うなぎ専門店組合〜
▼うなぎにまつわるエピソード25「大好きな三島市の鰻丼」
▼新美貴資の「めぐる。」61 〜可能性を探り最上を目指す 炭火焼うなぎ「魚寅」店主・村井俊之さん〜
▼2017各ファミレスのうなぎ蒲焼、多様化するメニュー!
▼美味!!「鯉」メニューのお店38 埼玉県川口市「いせ庄」
▼平成29年 成田うなぎ祭り始まる 〜観光客への感謝!!成田市観光協会主催〜
▼先代からの養殖技術を継承(小堀全鱒協会長)第42回全国養鱒技術協議会大会、7日/東京・港区「東京海洋大学」〜専門家講演と情報提供も〜
▼好値維持してシーズン終了へ!? 〜銀ザケ市況〜
▼鮒忠が第7回うなぎ祭り、8日/東京・足立区の同社東京セントラルキッチン 〜鰻のつかみ獲りを体験!!その場で裂いて蒲焼に 多くの家族連れで賑わう〜
▼うなLady Vol.80

その他。
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.65〉 [うなLady]


山田 麻衣さん(32歳)
三越日本橋本店 営業運営担当

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか? 
-土用の丑の日や特別な日、元気をつけたいときに、家族や友人、会社の同僚など大切な人と食べたいです。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-日本の食文化であるウナギが食べられなくなることは想像できませんので、さまざまな問題をクリアして、何とか今後も続いていってくれることを願います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-店内をご案内したあとに、お客さまから「いい商品を買えた。ありがとう」とお礼をいわれたときにやりがいを感じます。それによってお客さまとの距離が近づきますし、お客さまに名前を覚えていただき呼んでもらえた際はとても嬉しいです。

▼お仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-お客さまが話しかけやすい雰囲気をつくるため、話をしていないときでも常に笑顔を絶やさないよう心がけています。

うなレディ山田麻衣ブログ用② のコピー.jpg

うなレディ山田麻衣ブログ用① のコピー.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「蒲焼店が考える“これから”」76 〜2016年7月5日号掲載〜 [蒲焼店が考える“これから”]


安永清美代表取締役社長
(うなぎ処 柳川屋/福岡県粕屋町)

『素材を大切に、心を込めた接客を行う専門店』

7月に突入し、いよいようなぎのシーズンが到来した。毎年恒例のように、大手コンビニ各社では土用丑向けうなぎ弁当の予約受付を始めた他、大手ファミレスでは相次いでうなぎメニューを導入、またふるさと納税の返礼品のひとつとしてうなぎ蒲焼も人気だ。猛暑期待の土用丑まで残り1ヶ月を切る中、貴店の売れ行きはどうだろうか。

「前年実績より、微増の傾向にて推移しています。人間の食のパターンは簡単に変化しない事を改めて感じています」

一方、一昔前の頃に比べて高嶺の花と言っても過言ではないうなぎ。シラス不漁を背景に一時期、多くの蒲焼き専門店がメニュー価格を値上げしたが、最近でも値上げする動きも散見されている。ウナギ離れは避けられない状況下にあるが、お店としてそうならないように気にかけている事、あるいは努力されていることは何だろうか。

「今まで以上に高級魚となった鰻。すべての面においてベストの状態で提供することに更に意識を高めることに徹底し、味の評価を追求しています。また、インバウンドに対しては自然体で望みます」

ところで、毎日扱う大切な商材であるうなぎ。なかでも“良質な”うなぎとは貴店にとってどのようなものを指すのだろうか。

「弊店では年間30トン程度の鰻を仕入れています。サイズは3.5尾〜4.0尾が中心です。良い鰻というのは、肉厚感があり、食味としては口に入れて美味しさが持続する、そして深い旨味を感じる、そんな鰻を良い鰻だと思います。ちなみに弊店では長年、国産鰻をお客様にご案内していますし、これからもそうありたいと思っています」

周知のように、業界がこれまで注目していたニホンウナギのワシントン条約付属書掲載はなんとか回避された。しかしながら、ニホンウナギの資源状態は決して改善している訳ではなく、続いて業界挙げたウナギ資源保護・管理が大切だ。貴店では、資源問題については、どのような意見を持っているのだろうか。

「ニホンウナギ完全養殖も必要であると思いますが、それ以上にウナギ資源保護管理に対しての地道な活動を今後後押し出来るよう、運動をしていきたいと思います」

一方、ウナギ資源問題と同様、改善策が未だ見えないウナギ職人不足問題について、貴店はどのような考えを持っているか。

「弊店では幸い、現状では職人不足とはなっていません。若い社員には、鰻料理の新メニューについて常に意識を高めるような取組を行なっています。定番料理以外の、未知の鰻料理・・・、考えるとワクワクします」

ウナギ業界が抱える問題が多く昨今、今後をどう乗り切っていくべきか。

「日本の食文化の中でも、とくに伝統的な料理であるうなぎ料理。他の料理のように低価格化や機械化による大量販売ではなく、素材を大切にしながら、心を込めた接客を行ない、“このお店に来て良かった”とおっしゃっていただけるような専門店を目指すべきではないでしょうか?」

[データ]
「うなぎ処 柳川屋」
〒811-2302 福岡県糟屋郡粕屋町大隈38-4
TEL:092-938-7800

代表取締役社長 安永清美 のコピー.JPG

















*「蒲焼店が考える“これから”」は現在、日本養殖新聞で連載中
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

最新号17.7.5発行しました! [本紙記事/速報]




FullSizeRender.jpg











主な内容〈10ページ建て〉
▼活鰻戦線異状あり!!国内外産貿易、流通に変化生じる 〜懸念された国内の新仔がまとまるのは10日頃から、いよいよか!?〜
▼全蒲連が「石倉」設置支援金のお願い(9月末日迄)
▼前年同月比72%の208㌧ 〜6月分の台湾活鰻対日輸出〜
▼マルハニチロ2017年度 秋季新商品発表会 「充実感」への新提案をテーマに56品目が登場!
▼蔡秋棠董事長が再選 〜台湾区鰻魚発展基金会役員人事〜
▼「台湾フェスティバルTOKYO2017」開催、6月22〜25日/上野恩賜公園
▼全国の鰻蒲焼支出額、2ヶ月ぶりマイナスに 〜家計調査5月分(速報)〜
▼蒲焼店が考える“これから”105 「意欲のある、型にとらわれない老舗の勇気は必須」〜「うなぎ串焼き くりから 東長崎店」(東京都豊島区)店長 佐藤大和氏(30)〜
▼「笑顔を呼ぶ鮎」第6号発行!〜全国鮎養殖漁業組合連合会〜
▼真鯉ひろしの「長いものには巻かれよ」その148 〜大手牛丼チェーン「すき家」今シーズンも鰻メニューに挑戦〜
▼美味!!「鯉」メニューのお店37 一子相伝で伝統の味継承 〜東京都文京区 うなぎ割烹「ゆしま 小福」〜
▼各スーパー「丑」へ準備着々!! 各店とも特売価格で丑への集客続く!! 〜都内のスーパー20数件巡る〜
▼鹿児島産鰻丼980円! 〜『鰻善』六本木に開店 “安い”“うまい”“早い”“安全”〜
▼“鰻”の魅力伝える!!「江戸の文化と料理」サロン 〜キッコーマン主催、先月24日/キッコーマン東京本社〜
▼公開シンポジウム「うな丼の未来Ⅴ」開催、7月22日/東大弥生講堂
▼うなLady Vol.79
▼配合飼料メーカー人事
▼5月分の輸入通関と魚粉・魚油情報
▼ドジョウ・アユ商戦ピーク 〜東京・築地市場〜 唐揚げ・柳川鍋など用途広まる、アユも売れコンスタントに
▼長良川の若手漁師がクラウドファンディング 〜岐阜県各務原市で川文化の交流拠点を7月オープン〜
▼水揚げピーク、好相場維持 〜宮城県銀ザケ市況〜
▼深刻!!四半世紀で漁獲量70%減 〜全国内水面漁連 第65回通常総会開催、先月28日/東京・港区「三会堂ビル」〜 水産資源維持を危ぶむ 「河川環境」の回復が喫緊の課題
▼すき家「うな牛CM」先月23日からOA開始

その他。
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース