So-net無料ブログ作成
検索選択
番外編・編集後記 ブログトップ
前の20件 | -

浅草で有名な鰻屋『色川』のオヤジさんが亡くなって今日で3年 [番外編・編集後記]

※長文です

浅草で有名な鰻屋「色川」の生粋の江戸っ子オヤジさんが亡くなって今日で丸3年。時が経つのがいかに早いか、実感する。オヤジさんを偲び、勝手ながら当時の写真も交え、昔に綴った記事を再度アップする。

色川のオヤジさんとは毎年、春と秋のお彼岸に行われる浅草放生会のあと、いきつけの喫茶店モンブランで一緒にレモンスカッシュを飲みながら、雑談をしていた。2014年3月の浅草放生会のときも楽しみに浅草へ向かったが、受付の初小川の河合さんいわく『早く来て、今日はさっさと帰っちゃったよ([あせあせ(飛び散る汗)])』と。(残念!なんか、あったのかな)と思った3日後に天国へ。

おやじさんの目力に凄く緊張した一方で、いろいろな話をじっくり聞いてくれる方だった。亡くなるぎりぎりまで辛さをほとんど見せず、仕事に打ち込んでいたようで、オヤジさんの生き様、というのか。以前も自身のアメブロ「鰻に魅せられて」で綴ったが、オヤジさんと話していると大抵の事がいかに小さいものかを実感するし(※記事後半、参照)、その都度、こころがす?っと晴れるのを感じていた。
鰻を食べにいったとき、テレビの取材時にまぎれたとき、浅草放生会でご一緒したとき、東蒲の講演後にほめられたとき、レスカをいっしょに飲んだとき、いつもオヤジさんは人としてかっこ良かった。


↓それでは当時の記事です↓
<2014年4月/日本養殖新聞>

『鰻屋「色川」のオヤジさん、安らかに』 ?三社祭では50年以上神輿を担いだ、大のお祭り好き?

浅草雷門に近い、こじんまりとした趣のある佇まい、辺りに蒲焼きの香ばしさを漂わせ、常に長い行列が出来る鰻屋『色川』。その6代目のオヤジさんが先月24日(※2014年3月24日)、72年の人生に幕を閉じた。亡くなる2日前まで普段通りに営業、多くのお客さんの注文をこなしていただけに突然の死に、奥さんのサチ子さん、娘さんの紀子さんはじめ、周りも驚きを隠せない。

オヤジさんは生粋の江戸っ子、大のお祭り好きで地元の三社祭では50年以上、神輿を担ぎ、平成18年には神輿運行責任者も務め、一方で毎年2月には岡山県の西大寺で行われる裸祭りに遠征するほどだった。テレビ、雑誌など多くのメディアにも登場、海外からのお客も目立つなど、そのべらんめえ口調にファンは多かった。
 
女将のサチ子さんは生前のオヤジさんについて、「お祭りは無論、昆虫、野球、歴史、神社・仏閣などの話がとくに好きでね、話しだしたら止まらない。野球なら、“観る”のも“やる”のも好きでとくに長嶋茂雄さんの大ファンで『長嶋茂雄ドリーム・トレジャーズ・ブック』という分厚いメモリアル本も残っていますよ。また、お店で大好きな昆虫について話しだすと、もう大変。昆虫の嫌いなお客さんがいたらどうしようかって(笑)」と話しながら、「亡くなる数日前、お客さんとの雑談で“男ってものは、パッと咲いてパッと散るもんだ”と言っていたのが印象的で・・・」と明かした。
 
本紙(※日本養殖新聞)では今回、追悼の意を込めて、記者自身がオヤジさんとの会話のなかで書き留めた語録を紹介したい。

▼『まわりは100年に一度の不景気、と言うが、逆にこんな年に生きられて幸せじゃねぇか。こんな年、めったにねぇし、男の度量を見せ付けるチャンスだし、わくわくしねぇか?ぐちぐち言う前に基本的な事をやればいいんだ!それだけだよ、おれは単純明快。みんな、考えすぎだし、不景気のせいばかりして基本的な事が疎かになってんじゃねぇか』(平成22年3月)

▼『えらそうな事は言えないが、自分のやるべき事はきっちりとやる、自分の責任はきっちり果たす事。それだけだな。俺は鰻屋だから、きっちりとした原料を仕入れ、炭火でしっかり焼き上げ、基本に忠実に仕事をする。商売とはお客さんにかわいがってもらわなければいけないから、俺は商品でサービスを与える。まかりまちがっても、リップサービスじゃないぞ。あとは自分の仕事に誇りを持つ事だね、“俺のところは日本一のうなぎ屋だ!”ってね。そんな日本一なら、百人、千人いたってかまわない。自分の仕事に対するそうした誇りが大切なんだよ』(平成18年5月)



※写真は、在りし日の「色川」のオヤジさんと筆者(高嶋茂男)
o3344222413897210359.jpg
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

購読者の皆様へ [番外編・編集後記]



2016年も早いもので残りわずかとなりました。今年も読者をはじめ、関係各社の皆様方には本当にお世話になり、ありがとうございました。


FullSizeRender.jpg













ニュースにとどまらず、業界内外の関係者の思いをのせた紙媒体”日本養殖新聞”は、協力していただいている多くの方々により郵送用に折り込まれ、多くの郵便局の方々の手から手へ、そして全国各地、ないしは世界にいらっしゃる購読者の皆様のお手元に届きます。

近年の内容に関しては、ウナギ資源を巡る話題が多くを占め、来年も引き続くテーマだと思われます。予断を許さない状況が続きますが、業界が一丸となってこれら窮状を乗り越えられればと思います。幸い、今シーズンのシラス漁は好調を維持していますので久しぶりに一息つける状況も期待出来ます。同時に限られた、世界に誇る日本を代表する伝統食文化であるウナギ資源をどう有効活用していくか、業界内でさらに掘り下げて議論をしていくことも必要でしょう。


2017年も引き続いて、紙媒体の”日本養殖新聞”をはじめ、フェイスブック、ツイッター、ブログ、LINEなどSNSも含めて、どうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

日本養殖新聞 編集部一同

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

秋の土用丑の日 [番外編・編集後記]



秋の土用丑の日

10月22日(土)
11月3日(木・祝)です。

土用丑にウナギをPRしながら、”ウナギ資源の大切さ”にも思いを巡らせていただければと思います。

なお、コラーゲンを多く含むウナギは、美肌作りにもうってつけです。ちなみに、コラーゲンの吸収を高めるビタミンCたっぷりのデザートが必須です。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

うなぎのエピソード募集しています。 [番外編・編集後記]

クリックすると拡大します。
採用された方には、弊社オリジナルボールペン1本を進呈致します。
告知/ボールペン.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

購読者の皆様へ [番外編・編集後記]


2015年も早いもので残りわずかとなりました。

今年も読者をはじめ、関係各社の皆様方には本当にお世話になりました。

FullSizeRender.jpg













日本養殖新聞が発行される毎月5日、15日、25日は、雨の日も風の日も、出来立てほやほやの本紙はまず、弊社社長に届けられます。

その一方で、業界内外の関係者の思いをのせた紙媒体”日本養殖新聞”は、協力していただいている多くの方々により郵送用に折り込まれ、多くの郵便局の方々の手から手へ、そして全国各地、ないしは世界にいらっしゃる購読者の皆様のお手元に届きます。

単なる紙媒体ではない、多くの思いが詰め込まれた”日本養殖新聞”を来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。ネットだけでは決して味わえない紙媒体という”温かみ”をこれからも大切にしていきたいと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

日本養殖新聞 編集部一同

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

全国のうなぎ蒲焼専門店さんへ[アンケートのお願い] [番外編・編集後記]




日本養殖新聞・新年特集号(2016年1月10日付[1535号])アンケートのお願い


お世話になります。うなぎの記事を主体にした日本養殖新聞と申します。本紙では、新年特集号(2016年1月10日付/1535号)で『うなぎの“美味しさ”、“魅力”を伝える蒲焼専門店』と題したアンケートを実施、オーナー様の生の声を掲載致します。

つきましては下記①〜⑤の質問に回答いただき、貴社名[屋号]御住所をお書き添えの上、弊社宛(FAX03-3531-0964)にFAX、あるいはメールをいただければ幸いです。

なお、締め切りは12月21日(月)とさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。                  

※なお、ご希望であればメールあるいはFAXにて、質問事項をこちらからお送りしますのでお電話(03-3531-3662)、メールでお知らせください。


① 2015年を振り返って販売はどうでしたか?(※2014年は“ニホンウナギ絶滅危惧種登録”で話題になった[国際自然保護連合]) また2016年は、ワシントン条約の懸念材料もありますが、自身の店をどのように切り盛りしていきたいですか?

                                                  

                                                  

                                                  


② 近年、メニュー価格の値上げを余儀なくされていると思いますが、ウナギの稚魚(シラスウナギ)が豊漁となれば価格を下げますか?またその理由をお聞かせください。

                                                  

                                                  

                                                 


③全国的にうなぎ職人さんをはじめ、パートさん不足が慢性化しています。貴店ではどのような対応を取っていますか。

                                                  

                                                  


④養殖業者さんにはどのようなウナギを養殖してほしいですか(ちなみに国産、中国産、台湾産などこだわりはありますか?)

                                                  

                                                  
⑤“美味しさ”を追求する上でのこだわり、取り組み、また“うなぎの魅力”をお客様へより一層、伝えるために行っていること(行い始めたこと)をお聞かせください。










アンケート、ご協力ありがとうございました!
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『うなぎにまつわるエピソード』募集中です 〜採用された方には”オリジナルボールペン”を差し上げます〜 [番外編・編集後記]




本紙では『うなぎにまつわるエピソード』(200字前後)を皆様から、募集しています。採用された方には“オリジナルボールペン(写真)”を進呈致します。

1 のコピー.JPG












ご住所、氏名、年齢をお書き添えの上、日本養殖新聞編集部(〒104-0054 東京都中央区勝どき2-8-12 東京ビュック中銀319、FAX03-3531-0964)、またはメールにてお送り下さい。

よろしくお願い申し上げます。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日本養殖新聞オリジナルカレンダー2016年版完成! [番外編・編集後記]


日本養殖新聞製作『2016年カレンダー』完成                〜東西中央卸売市場の休市・臨時開市日、年4回の土用丑等を掲載〜


本紙ではこのたび、年次恒例の『2016年カレンダー』(A3サイズ[縦42.0センチ×29.7センチ]・カラー)を制作致しました。東京、大阪の公設中央卸売市場の休市、臨時開市日、年4回の土用丑、月の満ち欠けなども掲載しています。


カレンダー完成版2016 a.jpg

価格は1枚50円(税別)。お申し込みは20枚単位で、送料は一律800円(※お支払いは便利な“代金引換”、あるいは金額分の郵便切手)をご送付下さい)。
※数に限りがありますのでお早めにお申し込み下さい。

[ぴかぴか(新しい)][お問い合わせ]
〒104-0054
東京都中央区勝どき2-8-12
東京ビュック中銀319
TEL03−3531−3662
FAX03−3531−0964
メールアドレス:info@yoshoku.com


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『うなぎにまつわるエピソード』募集中です 〜採用された方には”オリジナルボールペン”を差し上げます〜 [番外編・編集後記]




本紙では『うなぎにまつわるエピソード』(200字前後)を皆様から、募集しています。採用された方には“オリジナルボールペン(写真)”を進呈致します。

1 のコピー.JPG












ご住所、氏名、年齢をお書き添えの上、日本養殖新聞編集部(〒104-0054 東京都中央区勝どき2-8-12 東京ビュック中銀319、FAX03-3531-0964)、またはメールにてお送り下さい。

よろしくお願い申し上げます。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

スーパーの蒲焼拝見(8/22~23) [番外編・編集後記]



↓クリックすると拡大します。

蒲焼拝見150825_ページ_1.jpg

蒲焼拝見150825_ページ_2.jpg

蒲焼拝見150825_ページ_3.jpg

蒲焼拝見150825_ページ_4.jpg

蒲焼拝見150825_ページ_5.jpg

蒲焼拝見150825_ページ_6.jpg


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『うなぎにまつわるエピソード』募集中です 〜採用された方には”オリジナルボールペン”を差し上げます〜 [番外編・編集後記]




本紙では『うなぎにまつわるエピソード』(200字前後)を皆様から、募集しています。採用された方には“オリジナルボールペン(写真)”を進呈致します。

1 のコピー.JPG












ご住所、氏名、年齢をお書き添えの上、日本養殖新聞編集部(〒104-0054 東京都中央区勝どき2-8-12 東京ビュック中銀319、FAX03-3531-0964)、またはメールにてお送り下さい。

よろしくお願い申し上げます。

※日本養殖新聞・掲載号は8月25日号を予定しています。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

世界で一番、美味しいうなぎやさん [番外編・編集後記]


世界で一番、美味しいうなぎやさん。





























それは貴方自身が決めるものです。


グルメガイドも、口コミも、あなたの“基準”で決めたものではありません。

もう、流されるのはやめましょう。

(あれ?美味しいはずなのに、、、)

(ん?いつも行列なのに、、、)

(ぼくの味覚がおかしいのかな?、、、)

(えっ。普通、、、じゃん?)

そんな、歪んだ疑問は早く解き放った方が貴方のためですし、うなぎやさんのためにもなります。

世界で一番、美味しいうなぎやさん。
それは貴方自身が決めるものです。

多くの方々がそれぞれ、“世界一のうなぎやさん”というのを持っているって、素晴らしい事じゃありませんか。

そんな“世界一のうなぎやさん”なら、たっくさん、あってもいいと思います。

世界で一番、美味しいうなぎやさん。
それは貴方自身が決めるものです。


▼同業者が他店を批判したり、ケチつけたりするのは勝手だけど出来れば胸の内だけにとどめてほしい。そうした“世界一”と思ってくれるファンを心から大切にし、一人でも多く見つけることの方が見ていてよっぽど気持ちが良いし、ひいてはうなぎ業界全体のためになると思います。

味の感じ方は、人それぞれです。

新仔とヒネ、天然と養殖、地域によってタレが甘いか辛いか、蒸しを入れるか入れないか、人それぞれに“好みの“ウナギがあると思います。日本全国の人が皆一緒に”ここのお店のウナギが一番好みです“ということは絶対にありません。

<井の中の”うなぎ“>にならぬよう。

水がぎりぎりまで入れられたコップにならぬよう(※水を入れればこぼれる。言い換えれば、人の話をまったく受け付けられない人のたとえ)。

さて、本日は土用二の丑です。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『うなぎにまつわるエピソード』募集中です 〜採用された方には”オリジナルボールペン”を差し上げます〜 [番外編・編集後記]




本紙では『うなぎにまつわるエピソード』(200字前後)を皆様から、募集しています。採用された方には“オリジナルボールペン(写真)”を進呈致します。

1 のコピー.JPG












ご住所、氏名、年齢をお書き添えの上、日本養殖新聞編集部(〒104-0054 東京都中央区勝どき2-8-12 東京ビュック中銀319、FAX03-3531-0964)、またはメールにてお送り下さい。

よろしくお願い申し上げます。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

石巻から全国へ発信!うなぎ割烹「八幡家」ら被災事業者5店が『漫画本(コミック型)レトルトカレー』発売へ [番外編・編集後記]



創業100余年のうなぎ割烹「八幡家」ら、宮城県石巻市の被災事業者5店が『漫画本(コミック型)レトルトカレー』を19日、発売する。

東日本大震災から早四年が過ぎるなか、風化が進み、被災地の報道も少なくなった。復興の遅れ、進む人口流出、超高齢化による地場マーケット縮小など、切実な問題が山積している。

そうしたなか、“地元のやる気をかき集め、知恵を絞り、失ったマーケットを補い回復するために、何か新しい産業の芽を育て全国に発信していこう!”と立ち上げたプロジェクトの一つとして、『漫画本(コミック)型レトルトカレー』の第一弾が完成、今月19日に発売する。

!!.png

















宮城県石巻市の被災事業者である、うなぎ割烹『八幡家』を含めた5店(かどや精肉店・食堂パレス・Bamboo Shoot・珈琲工房いしかわ)と水産加工会社が協働し、石ノ森萬画館を運営する(株)街づくりまんぼうが共に商品開発。

うえやまとち先生をはじめ5名のグルメ漫画家がオリジナルの漫画を描き、それぞれパッケージ化、中身は5店それぞれ特徴のあるオリジナルカレーを地元の水産加工会社が味を保つよう工夫・レトルト化した。

これら商品は、インターネット・百貨店・食料品店等・石巻 ヤマト屋書店・石ノ森萬画館他などで購入出来る。

▼第1巻:うえやまとち先生
店 舗:割烹八幡家  
名 称:老舗割烹八幡家のまかないカレー
カレーの特徴:ありきたりの材料で、くせになる美味しさ
帯メッセージ:落語家 林家たい平師匠

▼第2巻:土山しげる先生
店 舗:かどや精肉店 
名 称:かどやの親父の牛タンカレー
カレーの特徴:美味しく煮込んだ超粗びき牛タン入り
帯メッセージ:アニソン歌手 水木一郎氏

▼第3巻:ビック錠先生
店 舗:食堂パレス  
名 称:食堂パレスの黄色いレトロカレー
カレーの特徴:代々守り続ける昔ながらの味
帯メッセージ:ミュージシャン ウルフルケイスケ氏

▼第4巻:倉田よしみ先生
店 舗:エスニックレストランBamboo Shoot
名 称:Bambooの特製キーマカレー
カレーの特徴:ミンチポークに香味野菜、ざく切りトマトをじっくり煮込んだマイルドでSPICYな味  帯メッセージ:アニソン歌手・石巻観光大使 遠藤正明氏

▼第5巻:はやせ淳先生
店 舗:珈琲工房いしかわ 
名 称:いしかわの珈琲フルーツカレー
カレーの特徴:珈琲の香り漂うフルーツカレー
帯メッセージ:声優 関智一氏



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

<2015年の土用丑の日> ※春夏秋冬(土用入り含む) [番外編・編集後記]



<2015年の土用丑の日>
冬:1月25日(日)
春:4月19日(日) 5月1日(金)
夏:7月24日(金) 8月5日(水)
秋:10月28日(水)

※土用入りは、1月17日(土)、4月17日(金)、7月20日(月)、10月21日(水)


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

あけましておめでとうございます [番外編・編集後記]



※↓クリックすると拡大します
IMG_3704.JPG
新年号表紙『文化継承への道 伝統を守り抜く』

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

編集部一同


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

購読者の皆様へ [番外編・編集後記]



2014年も残り僅かとなりました。

今年も読者をはじめ、関係各社の皆様方にはいろいろお世話になりました。本当にありがとうございました!


日本養殖新聞が発行される毎月5日、15日、25日は、雨の日も、風の日も、出来立てほやほやの本紙をまず、社長のいる実家に届けています。

その一方で、業界内外の関係者の思いをのせた”日本養殖新聞”は、協力していただいている方により郵送用に折り込まれ、多くの郵便局の方々の手から手へ、そして全国各地、世界にいらっしゃる購読者の皆様のお手元に届きます。

単なる紙媒体ではない、多くの思いが詰め込まれた”日本養殖新聞”を来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。ネットだけでは決して味わえない紙媒体という”温かみ”、これからも大切にしていきたいと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

日本養殖新聞 
取締役 高嶋茂男/編集部一同





nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

秋の土用丑の日はいつ? [番外編・編集後記]


今年の秋の土用丑の日は

10月21日(火)、 11月2日(日)

の2回です。

丑ではウナギをPRするのは無論、”ウナギ資源の大切さ”を消費者の皆様に向けてアピールするタイミングでもあります。






nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

<2014年の土用丑の日> [番外編・編集後記]


<2014年の土用丑の日>
冬:1月18日(土)、30日(木)
春:4月24日(木)
夏:7月29日(火)
秋:10月21日(火)、11月2日(日)
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

新年明けましておめでとうございます。 [番外編・編集後記]


新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

編集部一同
ETO36002 のコピー.JPG

















※シラスウナギ採捕量は日本が約600キロ、中国が約6700キロ、台湾が約5000キロ。
なお、日本のシラスウナギ池入れ量は約7.5トンぐらい。

<2014年の土用丑の日>
冬:1月18日(土)、30日(木)
春:4月24日(木)
夏:7月29日(火)
秋:10月21日(火)、11月2日(日)
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の20件 | - 番外編・編集後記 ブログトップ