So-net無料ブログ作成

今号のうなLady〈Vol.51〉 [うなLady]


村田 彰子さん(42歳)
「逢坂山かねよ」(滋賀県大津市)   

▼ どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-焼き上がったこんがり,ピカピカのうなぎを見ると、本当に「1本丸かぶりしたーい」と思います。毎日見ているけれど、私達ももちろん自分で買わないと食べられないですからね・・・

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
ーうなぎ屋で働いていて、その話が話題になり、他の色々な生き物の事についても、そういった自然環境問題に初めて感心をもちました。ニホンウナギを扱っている店として、この先どうなるか、本当に不安を感じています。

▼ 仕事のやりがいをお聞かせください。
ー鰻を焼くようになってまだまだ勉強中ですが、新しい事にチャレンジする事は、自分なりに「こうしたらどうだろ!こっちの方がいいかな?」など考えることが新鮮に思え、「美味しそう」と思えるウナギが焼けた時は嬉しいです。一番嬉しいのは、やはりお客様が帰り際に「美味しかった。また来ます」と言って下さることです。その一言と笑顔のおかげで、毎日やりがいを感じ頑張れます。

▼仕事ではどのようなことを心がけていますか?
ー接客を主にしていますが、笑顔でお客様をお出迎えし「また来ます」と笑顔でお客様に帰っていただけるように、どんなに仕事がキツくても自分の笑顔を絶やさないように心がけています。

IMG_7559 のコピー.JPG

















IMG_7558.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.50〉 [うなLady]


篠原 亜梨沙さん(19歳)
浜名湖養魚漁業協同組合    

▼ どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-鰻のタレのおいしい匂いがしたときや、疲れているときには元気をつけるために食べたくなります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-うなぎは日本を代表する食文化ですが、うなぎを守っていくのは日本の力だけでは難しいと思うので、関係する国や地域で協力して、これからも沢山の人がおいしいうなぎを食べ続けていけるよう対策を考えなければならないと思います。私もうなぎに携わっている一人として少しでも力になりたいです。

▼ 仕事のやりがいをお聞かせください。
-直売所や電話で注文をいただいたとき、お客様から「美味しかった」と言っていただいたとき、また、何度も注文をくださるお客様がいることもとても嬉しくやりがいがあります。

▼仕事ではどのようなことを心がけていますか?
-沢山のお客様からご注文をいただきますので、一つ一つミスがないよう心掛けています。特にこれからの季節、うなぎの注文が多くなってくるので、より一層気を引き締めて取り組んでいきます。

IMG_3946.JPG









5面、うなLady写真.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.49〉 [うなLady]


ボリーレ・エリカさん(34歳)
株式会社Royal Tirrenian代表取締役

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-10年ほど前に観光で東京を訪れたとき、おすすめしていただいた上野公園の近くのうなぎ料理のレストランで初めていただきました。イタリアでの食べ方と全く違っていて驚きました!日本のうなぎの独特の甘みと旨みの初体験でした。その後、日本に移住して土用丑の日にうなぎを食べる風習を知って、その日に食べるようにしています。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-どの動物でも、絶滅は非常に残念だと思います。それぞれの国に他にない動物、植物があって、それを守るべきだと思います。うなぎを食べるということ、その動物の命をいただくことになりますので大切にしてほしいと思っています。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-自分の国・イタリアの食文化をどんどん日本で紹介していけること。お客様がイタリアをもっと好きになって喜んでくれたら、自分もハッピーになれるのです!

▼お仕事でどんなことを心がけていますか?
-日本の文化を大切にしながらも、自分がイタリア人であることを忘れず、イタリアの情熱をお客様に感じていただけるように努めています。

ボリーレ・エリカさんブログ用①.jpg









ボリーレ・エリカさん差し替え.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.48〉 [うなLady]


野田 恵子さん(20歳)
株式会社「味の店 乃だや」 

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-ウナギと聞くとやはり高級というイメージがあるので、特別なイベントがあった時や、お祝い事があると食べたくなります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-それほど地球環境が変わってしまっているんだと感じます。大切な資源が無くなってきてしまっている事を寂しく思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-接客業なので、お客様に美味しかったと言ってもらう事が一番嬉しいです。狭いお店ですし、従業員も私と社長(父親)、二人ですので、常連さんに名前を覚えて頂いたり気軽に話しかけて頂いたりすると「もっと頑張ろう!」と力が湧いてきます。

▼お仕事でどんなことを心がけていますか?
-オープンしてまだ半年も経っていないお店なので、まだまだ認知度が低く暇な時間が多々ありますが、その中で来ていただいたお客様には満足して頂けるようなサービスや食事を提供することを心がけております。

野田恵子さん ブログ用①.JPG












野田恵子さんブログ用②.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.47〉 [うなLady]


古村 仁美さん(34歳)
三越日本橋本店 婦人雑貨営業部 

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-暑いときや「何かおいしいもの食べたいな」と思ったときです。幼い頃に小骨がひっかかってから苦手でしたが、日本橋三四四会の皆さんと知り合って食べるようになってから日本橋の老舗の味に感動し、今では大好きになりました。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-一消費者として、今後ウナギが食べられなくなってしまうのかという不安があります。将来、子供たちが食べられなくなるのもかわいそうですし、乱獲をやめる対策を考えるなどして、日本の食文化として残していく義務があると思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-自ら企画・作成したカタログなどをお客様がご覧になり、接客を通じてお客様に喜んでいただいたときはとてもやりがいを感じます。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-百貨店の仕事はどんなことも必ずお客様につながっています。自分の仕事でお客様を笑顔にする、ということを常に心がけています。

古村さんブログ用①.JPG









古村さんブログ用②.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.46〉 [うなLady]


森山 明日香さん(30歳)
株式会社アルディス

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-いつでも。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-気軽にウナギが食べられなくなるかもしれないのはとても残念に思います。しかし他品種のウナギも美味しいものがあるので、そちらを楽しみたいと思います。

▼お仕事のやりがいをお聞かせください。
-ワインの魅力をお客様にお伝え出来るところ。

▼お仕事でどんなことを心がけていますか?
-小規模なワイナリーのワインをお届けするお仕事をしておりますので、出来る限り造り手の想いをワインと共にお届けするよう心がけています。

うなLady写真差し替え.JPG









森山明日香ブログ用②.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.45〉 [うなLady]


室星 茉莉絵さん(24歳)
アサヒビール株式会社
東京統括支社 中央支店

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-ウナギはやっぱり高級魚。旅行先やお祝い事などの特別なときや、家族が集まった大切なときに食べたいものです。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-将来食べられなくなってしまったらとても悲しいです。自然に親しんできた日本の食文化が、日本人としてのアイデンティティになっていると思います。消費者としてきちんと現状を知ることを忘れずにいたいです。

▼仕事のやりがいは?
-飲食店様を中心とした地域の方々と接しつながることで、その土地柄や文化、ときには歴史について知ることができるのはとても楽しいです。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-できないこと・わからないことも多いですが、社内外問わず、依頼されたことには素早く対応ができるよう心がけています。

室星様:本紙用 のコピー.JPG











室星様:ブログ用 のコピー.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.44〉 [うなLady]


武沢 由衣さん(31歳)
「エリオロカンダ イタリアーナ」レセプション
エリオケータリング&エリオアンティカフォルネリア カメリエーレ

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-夏場の暑い時期にスタミナをつけたいときや、お給料日の後のご褒美ごはんに食べたくなります(笑)。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-日本人にとってのウナギは伝統的なハレの日の象徴なのに、特別な日にすら口にすることができなくなるのはとても切ないです。いつの日かスーパーから国産ウナギが消え、庶民には手が届かない存在になってしまうのでしょうか……。

▼仕事のやりがいは?
-好きな人へアプローチするように、「今何を求めているのだろう?こうしたら喜んでくれるかな?」とあれこれ考えて、ありがとうの笑顔をもらえたときの心の中でのガッツポーズ!!これがあるからたまりません♡世代、職業問わず皆さんに楽しんで食事をしていただくための空間づくり、飲食業ゆえ時間も長く、体力も必要なお仕事ですがエリオでの仕事が大好きです!

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-仕事中、お客様の前では「お仕事をしていて本当に楽しいな~♪」という自分の気持ちを表情、仕草に出しながら動くようにしています。惰性でつまらなく仕事をしていたらお客様にも食材たちにも失礼になっちゃいますし、人の気持ちは以心伝心!楽しんでもらうために自分も楽しんでいます!!!

アップ のコピー.JPG










全身③ のコピー.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.43〉 [うなLady]


江本 真名美さん(38歳)
フリーランス翻訳者(英語) 

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-1年に何度かふと「うなぎが食べたいなあ」と思う時があります。日本人のDNAに組み込まれているのでしょうか。食べるならうなぎ屋さんの美味しい国産のうなぎを食べたい(スーパーのパックのうなぎには魅力を感じません)と思うのですが身近にそのような場所がなく、結局随分長いことうなぎは口にしていません。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-九州出身で、おいしい豆腐を作ってラッパを吹きながら売っていた94歳のおじさんと親しくしているのですが、子供のころは故郷の川でわなを仕掛けておくとうなぎがとれたと言っていました。東京に出てきて「うまいうなぎを食わしてやる」と連れて行ってもらった店で出されたうなぎがまずくて、それ以来食べていないと言う話をしてくれたことがあって、その頃には東京の川も汚れていたんだなあと思いました。でももう東京の川にもうなぎはいないですよね。本来は日本の豊かな自然の中で普通にとれる魚だったのではないかと思っています。お金儲けばかりを追求した結果、日本の食や自然や人の心は貧しくなってしまったのではないでしょうか。全体的に少し貧乏でも、もっと気軽に家族で「おいしいねー」とうなぎを食べられる日本であってもよかったのになあと、ちょっと残念に思います。

▼仕事のやりがいは?
-翻訳は言葉の変換作業ではなく、人と人の心や想いをつなぐ作業です。文化や考え方の違う国の人がメールでやりとりをしていて、最初距離があった心が「通じ合った」と思う瞬間は感動します。小さなことでも言い方一つで印象や関係が変わってくると思うので、そういうところに仕事の面白さややりがいを感じています。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-やりとりの翻訳においては両者が良い関係を築くお手伝いをしたいという気持ちがあります。そのためにはお互いが対等な立場に立つことが条件になると思うので、英語から日本語にする時には日本人の感覚になじむように丁寧な言葉で訳す、日本語から英語にする時には「申し訳ない」調ではなく自信を感じさせる文章にしてあげるということを心がけています。

うなLady江本真名美さんブログ用① .JPG













うなLady江本真名美さんブログ用②.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.42〉 [うなLady]


海野 美衣奈さん(18歳)
アーティスト(J-beans所属)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-家の近くに「桜屋」という有名な鰻屋さんがあるんですが、そこからうなぎの匂いが漂ってくると無性に食べたくなります。いつも行列で高いので食べたことはないんですが…。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-日本に昔からいた生物たちが次々と絶滅危惧種に指定されていくことは悲しいことだと思います。また、私の地元、静岡の未来を明るくしていくためにもウナギにはこれからも活躍しつづけて欲しいと思います。

▼仕事のやりがいは?
-演劇は特にそうですが、稽古は辛いし飽きてくることもある、うまくいかなくて悩んだり、誰かとぶつかりあったり、ハプニングがあったり。みんなでゲンナリ…でも本番になり舞台に立ったとき、全部忘れ去るくらいの空気が会場に漂っています。お客様に面白かったと握手をしてもらえることももちろん嬉しいですが、本番の会場内のあの空気感を肌で感じられることに興奮と幸せをいつも感じています。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-お芝居をするときも歌を歌うときも何かを表現するときは必ず、「お客さまが楽しいと思えるパフォーマンスでなければ人の前に立つ資格はない」ということを頭に入れています。自分の実力はまだまだ発展途上ですが、気持ちの面だけでもプロ意識をもって取り組みたい、自己満足で終わるようなステージにしたくないと思います。ステージに立つ以上その意識だけはおばあちゃんになっても忘れたくないなと思います。

海野美衣奈さんブログ用.JPG












海野美衣奈2.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.41〉 [うなLady]


高頭ルーシーさん(38歳)
フリーランス翻訳家   

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-スタミナ食ということで真夏日に食べたくなります。また、贅沢のイメージがあって親戚が集まる時に食べることがあります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-年々少なくなってきているのは知ってたんですが、絶滅危惧種に指定されたことは知りませんでした。一つの生き物としても、日本の食文化にとても大事な食べ物だからこそ、完全になくなったらとても残念なことですね。

▼仕事のやりがいは?
-和英翻訳をすることによって二つの文化の架け橋になることが何よりのやりがいです。内容も殆どの場合はとても興味深くて、日本語を分かりやすい英語に変えながら、私にとって勉強になることもとても多いです。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-直訳せず、翻訳文章だとまったく分からないほどのきれいな書き方を心がけています。

高頭ルーシーさんブログ用②.JPG












高頭ルーシーさんブログ用①.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.40〉 [うなLady]


菅波 晶子さん(29歳)
丸和水産東京事務所 

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-土用の丑の日の夕飯は昔からうなぎでしたので、今でも夏に食べたくなります。また、母がうなぎ好きで母の日など記念日に地元の鰻屋さんに誘うと喜んでくれるので、母の顔を見ると「うなぎを食べたいな」と思います。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-異常気象や環境汚染で他の魚種も様々に海や川で捕れる環境が変わる中、うなぎは完全養殖ができず、種を守るにはどうすればよいのか長期的に考えなければいけないと思います。消費者としては、歴史ある日本の食文化のひとつであるうなぎをこれからも食べていきたいです。

▼仕事のやりがいは?
-主に北海道のホタテの輸出と国内販売をしていますが、水揚げの時期、漁獲の地域、原貝の数量、また、そのときの為替や国内外の在庫状況など様々なことに相場が左右されるので、常にたくさんの立場の違った人から情報収集をしなければなりません。仕入先・売り先、その他同業の方々に支えられながら仕事をすることができて、幸せだと思っています。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-とにかく情報収集、当たって砕けろでオファーをする、やりたくない仕事から積極的にやる、です(3つ目はなかなかできていないので課題です)。

うなLady菅波晶子さんブログ用①.JPG









DSC00855 のコピー.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady Vol.39 [うなLady]


藤井 悠(はるか)さん(29歳)
「エリオロカンダイタリアーナ」レセプション
飲食セーフティーネットワーク代表

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
ーやはり土用の丑の日には食べたいなと思います。こうした昔の風習はきちんと未来へ残して行くべきだと思いますので、なぜ食べる風習が生まれたのかという歴史と一緒に文化を後世に伝えて行きたいですよね。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
ー種が絶えてしまうというのは私達が考えるより遥かに重大な事態だと捉えています。”ウナギは晴れの日のご馳走”でしたのに、薄利多売という勝手な人間の私欲で、未来を考えずに根こそぎ乱獲した結果がこれです。日本に課せられる責任は重大だと考えます。きちんと休漁の時期を作り、種を残して行くことを考えないと、日本の食文化の未来は暗いのではないでしょうか。

▼仕事のやりがいは?
ーレストランの入り口におりますので、お客様がいらしたときに一番最初にご挨拶できますし、お帰りになる時にも「美味しかったよ」と笑顔を向けていただけます。オーナーであり父のように思っているエリオの「私のお店は食欲を満たすだけの場所じゃない。人が繋がり、心が満たされ、ドラマが生まれる。そんな場所でありたい。」という思いがお客様に伝わっていると感じる瞬間はとても嬉しいです。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
ーお客様が何を求めていらして下さったのかをよく見極め、対価以上のおもてなしをするよう常に心がけています。食は、国籍や宗派を超えてどんな方にも等しく癒しを与えてくれる素晴らしいものだと思います。心からの笑顔は周りに伝染するものだと思いますので、その空間が笑顔で溢れるようこれからも精進して参りたいと思います。

image2.JPG






藤井悠ブログ用.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.38〉 [うなLady]


小林 渚沙さん(19歳)
アーティスト「J-beans」所属

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-以前、家族で旅行に行った際に初めて食べましたが、ふわふわしていてとてもおいしかったです。機会があれば、今度は自分へのご褒美として食べたいですね。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-ニホンウナギをこれから先食べられなくなってしまうと思うと非常に残念です。そうならないよう微力ですが、私たちにもできることがあれば協力して、命を繋げられたらと思います。

▼仕事のやりがいは?
-温かい拍手をいただいたり声をかけてもらったりすると、歌ってよかったといつも思います。私の歌が、聞いてくれた人たちの心の支えや力になってくれたらそれ以上のやりがいはないと思っています。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-体調管理をするようにし、特にのどは大切にしています。将来はシンガーソングライターを目指しているので、普段から他のアーティストさんの歌詞やメロディに注目するよう心がけています。

小林渚沙1_1000.jpg

















小林渚沙2_1000.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.37〉 [うなLady]


山口 杏奈さん(23歳)
北里大学大学院(修士一年)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
(または、ウナギに対するイメージは?)
-お祝い事があるときや土用の丑の日などです。値段が高いイメージがあるのでなかなか手が出せません。高級なウナギを食べてみたいです。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-ニホンウナギの資源量が劇的に減少してしまったのだと実感しました。絶滅危惧種の指定を受けて、少しでも資源量の回復につながると良いと思います。

▼日々の研究のやりがいは?
-今まで解明されていないことが明らかになったときです。謎が多いウナギの研究をすることは新しい発見が多く、やりがいを感じます。

▼日々の研究でどんなことを心がけていますか?
-失敗を恐れずに、新しいことにどんどんチャレンジするように心がけています。

うなLady山口杏奈さんブログ用①.JPG










うなLady山口杏奈さんブログ用②.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.36〉 [うなLady]


木村明日美さん(25歳)
(看護師)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
-うなぎの話をしたとき、贅沢したいとき、県外の友達が来たときです(ひつまぶしが好きです)。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
-人間の身勝手な行動で、生きものが絶滅するのは悲しいことです。多くの人が鰻の大切さを知るためには必要なことなのかも知れません。

▼仕事のやりがいは?
-「ありがとう」と言ってもらえること、「あなたに助けられた」と言ってもらえること、笑顔がみられることです。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
-中途半端にしないこと、全力でやること、ストレスフリーでやることです。

木村明日美2.jpg

















木村明日美3.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.35〉 [うなLady]


髙木 真里亜さん 22歳
(鰻駒形「前川」)

▼うなぎ職人になろうと思ったきっかけは何ですか?
ー元々、成田市の鰻屋で接客のアルバイトをしていたときにうなぎの魅力を感じていたことです。そのときは即決できませんでしたが、うなぎ業界に女性がいないことに疑問を持っていたので、自分でうなぎに触れてみたいと思いました。

▼仕事のやりがいは?
ー串打ちができるようになり、それを商品として使ってもらえたときはやりがいを感じました。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
ー他の職人さんの技術を吸収しながら自分なりのやり方を構築していくようにしています。また、「何でこれはこうなんだろう?」と常に疑問を持つようにしています。

▼将来はどのような職人さんを目指していますか?
ーもっと自分の仕事に自信をつけ、自信を持ってお客様に商品を提供できる職人さんになりたいです。

うなLady髙木真里亜さんブログ用①.JPG

















髙木真里亜さんブログ用②.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.34〉 [うなLady]


杉原美香さん
(フリーアナウンサー)

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
ー元気が欲しいな、と言うときに食べたいと思います。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
ー昔から日本では食されてきた魚なので、絶滅という言葉を聞くと心配になります。ウナギを食べられなくなるのはとても寂しいことなので、何とか今後増えるようになっていって欲しいです。

▼仕事のやりがいは?
ーお客様に笑顔になっていただけることです。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
ー笑顔で明るい声で仕事をすることで、お客様や周りの方たちに元気や快適さを感じていただければと思って、日々の仕事に当たっています。

うなLady杉原美香さん のコピー.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.33〉 [うなLady]


鴛尾 和佳子さん(35歳)
蒲焼割烹 高嶋家

▼どんなときにウナギを食べたいと思いますか?
ー誕生日や結婚式など、おめでたいことがあったときは必ず食べています。高校の同級生などと一緒に専門店で食べる機会が増えました。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
ー生態が不明な部分の多いウナギですが、私たちとしてはお客様においしいウナギを提供し続けるしかありません。完全養殖もいずれは可能になると思いますが、しばらくは今ある資源でやっていくしかないと思います。

▼仕事のやりがいは?
ー接客の仕事自体が楽しいですが、お客様にお勧めした商品などを「おいしい」と喜んでいただけたときは嬉しいです。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
ーお客様にゆったりと楽しんでいただきたいので、お店が混雑していて忙しいときでも動きが雑にならないように気をつけています。

うなLady鴛尾和佳子さんブログ用①.JPG

















鴛尾和佳子さんブログ用②.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今号のうなLady〈Vol.32〉 [うなLady]


久保 遥さん(18歳)
アーティスト「J-beans」所属

▼ウナギに対してどういうイメージを持っていますか?
ー高級な食べ物で、やはり「美味しそうな匂いがする!」というイメージがあります。

▼ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことについてどう思いますか?
ー絶滅しないようにウナギが生息している地域の水などをきれいに保っていく必要があると思います。

▼仕事のやりがいは?
ー歌にはとても感じています。小さい頃から歌うことが好きで、「いつか歌手になりたい」とずっと思っていたので、今人前などで歌が歌える環境があって「本当に幸せだなぁ」と思います。

▼仕事でどんなことを心がけていますか?
ーありのままの自分が出せるよう、緊張しないように「大丈夫!大丈夫!」って自分に言い聞かせているんですけど…結局、いつも緊張してしまうんです(笑)。

久保遥 1.jpg

















久保遥 2.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース