So-net無料ブログ作成

築地に国産天然ウナギ入荷 [本紙記事/速報]




築地市場に国産の天然ウナギが入荷している。

仲卸に出回っているのは滋賀県の琵琶湖産や、岡山県の児島湖産など。サイズは㎏当たり1〜2尾もので、概ね500g〜800g。需要先である料亭やレストランなどで天然ウナギをメニューに取り入れ始めており、「これから夏場の本番に向けて人気が上がっていくことを期待したい」と仲卸筋はいう。
 
ただ、問題の流通価格は12,000円/kgと高値で、一部の仲卸筋も「養殖ものも高いが、天然もののこの価格はね…」と言葉を濁していた。ただ、世間では資源保護で天然ものへの風当たりが強いことも気になるようだが…。

仲卸筋では「国で明確な規制をしているのならわかるが、シラスを採捕しているのに天然ウナギの捕獲を禁止するのは矛盾しているのではないか。業界が漁師に対して捕獲しないよう呼びかけるにしても問題が山積している」と、複雑な表情を浮かべている。

琵琶湖産ブログ用.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0