So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年09月| 2018年10月 |- ブログトップ

最新号18.10.15発行しました!! [本紙記事/速報]


IMG_8885.jpg













主な内容〈8ページ建て〉
▼初日の豊洲新市場淡水魚仲卸!! 〜豊洲ブランド構築に期待 課題多々あるも「とにかくやり抜いていく」〜
▼今期シラスウナギ漁、袋網禁止 〜川内市内水面漁業協同組合〜
▼築地場外市場「2018秋まつり」開催 〜うなぎ専門店「はいばら」焼き立てうな重提供、13日/築地場外市場〜
▼新美貴資の「めぐる。」76 〜地元に愛される店をつくる「うなぎ三代目 魚梅」店長 高岡玲士さん(三重県津市)〜
▼うなとろ対決開催! 〜来月10日、静岡県吉田町/県営吉田公園〜
▼全国の鰻蒲焼支出額 連続8ヶ月マイナス!! 〜家計調査8月分〜
▼日本シラスウナギ取扱者協議会設立へ 〜シラス流通の適正化で シラス扱い問屋メインの新組織〜
▼亀山氏が優勝!! 〜日鰻輸組親睦ゴルフ〜
▼来賓に元防衛大臣の中谷元氏 〜シラス流通透明化からうなぎ共済まで 高知県淡水養殖漁協鰻供養祭&説明会〜
▼ミニうな丼500食完売 第12回寒の土用うなぎ祭り/うなぎのまち岡谷 〜おかやフェスタ2018と同時開催 来年1月28日の寒の土用丑の日に弾み〜
▼ウナギ資源保護ポスターを作成 〜全内漁連〜
▼美味!!「鯉」メニューのお店74 茨城県龍ヶ崎市「元祖 鶴舞家」〜鯉の尾の甘煮を消費拡大の突破口に〜
▼うなLady Vol118
▼生鮮アユ商戦、間もなく終了へ
▼練馬のお魚やさん丸川水産! 今旬のオススメ=その3=
▼第31回しながわ夢さん橋2018 〜おおさき町鰻加工組合 うなぎ蒲焼等を出展! 10月6〜8日/JR大崎駅周辺〜
▼第31回 東西有名寿司と全国うまいもの大会 〜静岡産うな重、鮎の塩焼き等登場 10月4〜10日/京王百貨店新宿店〜

その他。

nice!(4) 
共通テーマ:ニュース

全内漁連、ウナギ資源保護ポスター作成

全国内水面漁業協同組合連合会(南山金光会長代理)と全国内水面漁場管理委員会連合会(濱田正隆会長)は先月28日、水産庁を訪問し、長谷成人長官に下りウナギの保護を呼びかけるポスターを手渡した。

ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されていることなどから、両組織は連携してニホンウナギの資源回復を目指す活動を進めており、今年7月には長谷長官にウナギ資源回復の取組方針を取りまとめた共同決議を提出。その活動の一環として今回、下りウナギ保護を呼びかけるポスターを作成した。

ウナギポスター.jpg




















全国内水面漁連の内田和男専務理事は「各県で親ウナギの再放流などの自主規制が進んでおり、我々も内水面の中でやれることをやっていくという趣旨でポスターを作成した。ウナギに関わる各現場の人たちにも協力をいただきながら、日本海側などあまりウナギがいない地域にもオールジャパンで呼びかけていきたい」と強調。

ポスターは1000枚作成し、各県の漁場管理委員会に配布するほか、県の漁連を通じて漁業組合にも配布していく方針。
 
長谷長官は「私自身、部長職を務めていた当時からさまざまな形で資源保護に携わってきただけに、今回の取り組みは非常にありがたい」と、両組織のさらなる資源保護活動に期待を寄せた。



nice!(3) 
共通テーマ:ニュース

最新号18.10.5発行しました! [本紙記事/速報]


IMG_8137.jpg

















主な内容〈10ページ建て〉
▼築地市場フィナーレ!!変わらず忙しい1日 〜多くの観光客で賑わう 仲卸「豊洲でもお客さん離さぬ」〜
▼ニホンウナギのレプトセファルス(仔魚)期間の長さは遺伝する 人工種苗の実用化に向けたウナギの品種改良が可能に 〜国立研究開発法人水産研究・教育機構〜
▼浜名湖発親うなぎ放流事業、資金CFで募集 〜浜名湖発親うなぎ放流連絡会〜
▼埼玉県鰻川魚供養会主催「鰻供養」開催 3日/さいたま市南区、別所沼公園 〜離れたお客様が戻るよう引き続き努力を!〜
▼3ヶ月連続の増加へ 〜9月分の台湾活鰻対日輸出実績 台湾区鰻蝦輸出業同業公会〜
▼第8回通販食品展示商談会を開催 〜鰻ちまき、うなぎめし登場〜
▼東京・日本橋 老舗蒲焼店「美國屋」リニューアルオープン!
▼「今年は大型サイズが値ごろ!」〜上海ガニ、シーズンイン!〜
▼6周年記念イベント、鯉の洗いを無料配布 〜さいたま市「かのうや」23・24日開催〜
▼今年も資源保護を呼びかけ、全国にポスター・リーフレット配布 〜10月から最長翌年3月まで採捕禁止!〜
▼「第2回 鰻屋で落語 立川志の太郎独演会」盛況 〜先月28日/主催:埼玉県ふじみ野市「一味亭」〜
▼「うなぎで旧交温める」〜本誌編集長主催、鰻屋で同窓会<鰻蒲焼専門店「愛川」(東京都新宿区)>〜
▼「551蓬莱」”豚まん”以外もオススメ 〜真鯉ひろしの『長いものには巻かれよ』その163〜
▼24ヶ月連続のプラス 〜外食産業の8月分販売概況〜
▼魚粉:漁獲枠200万トン程度か/魚油:輸入量前年比半分以下<8月の魚粉・魚油事情>
▼育ちはしっかり、初日の高値は4680円 〜宮城県産カキ初入荷〜
▼生鮮カキ、初入荷! 〜東京・築地市場〜
▼「業界全体をより良くするための仕組み作り」 うなぎ わたべ(東京都文京区)料理長 渡部幸和氏(34) 〜蒲焼店が考える”これから”121〜
▼活鰻:国産新仔少なく、追い風で昨対増/加工品:18鰻年度、前年より304トン多い1万4868トンに 〜8月分の輸入通関情報〜
▼秋冬・年末商品展示会相次ぐ<加工鰻約20種、鯉の加工品など多数登場/京丸うなぎの蒲焼など> 〜10月2日/福島・郡山・盛岡三市場同時開催〜
▼JAL、機内食でうなぎメニュー提供 10月21日〜31にち、ファーストクラスで
nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

「第12回 寒の土用うなぎ祭り」が10月6日(土)、開催へ [本紙記事/速報]

うなぎ祭り/.jpeg
←クリックすると拡大します


















「第12回 寒の土用うなぎ祭り」が6日(土)、午前10時より午後3時まで長野県岡谷市のイルフプラザ平面駐車場で「おかやフェスタ2018」と同時開催される。

これまで毎年2月にスワンドームで行われていた同うなぎ祭りについて、『うなぎのまち岡谷』の会事務局では「今回からは年内の寒の土用うなぎ祭りを実施することで、来年1月28日の”寒の土用丑の日”につなげていく、という意味合いを持たせました」と話している。

当日は、ミニうな丼900円(先着500食予定)が販売されるほか、当会と交流のある埼玉県浦和、愛知県豊橋がともにブースを出展する一方、特設ステージではご当地アイドルによる生ライブも行われる予定だ。

[ぴかぴか(新しい)][問い合わせ]
「うなぎのまち岡谷」の会事務局
Tel0266−23—4854

nice!(4) 
共通テーマ:ニュース

2018年09月|2018年10月 |- ブログトップ